できる場所でわかる?!シミは病気のサインかも?対処法を紹介
126views

できる場所でわかる?!シミは病気のサインかも?対処法を紹介

シミは病気のサインになることがあります。シミはできる箇所によって対応する内臓の機能低下を現すことがあります。今回は部位ごとにできるシミの原因と対処法について紹介します。基本的にシミの対処法はクリームや美容液などの足し算での対処法よりも引き算で行う方が効果が高いと言われています。

シミは病気のサイン?!

シミは加齢するとできてしまう肌トラブルの一つと言われています。

見た目が悪くなるだけのもの、と思っている人も多いようですが、実は病気のサインであることもあると言われています。病気ではなくとも、内臓の機能低下である可能性もあります。

内臓との関連、そして対象法についてシミのできる位置ごとに紹介します。

【1】目の周り

シミは病気のサイン?!

Frutas e Vegetais / Aproximando Ciência e Pessoas https://www.flickr.com/photos/97513256@N06/9041948559/

40代になると目の周りにシミができるようになります。

このシミの原因は女性ホルモンにあると言われています。実際に40代から徐々に生理の出血量が減ったり、不順になったりすることがありますが、そのような症状がでる前にシミの形で女性ホルモンの分泌量の低下やバランスの乱れがわかる場合があります。

シミができるときというのは、とくに急激な女性ホルモンの変化があったときです。

しかし、女性ホルモンでできたシミの場合には女性ホルモンが安定することで消失することもあります。対処法として女性ホルモンの働きを助ける野菜や果物を多く摂取することが大切です。とくに生の野菜をたくさん食べましょう。

【2】頬

ごまがいいんです

black sesame seeds / boo_licious https://www.flickr.com/photos/71284893@N00/3207022120/

頬にできるシミは肝臓の機能が低下していることが多いようです。

お酒や砂糖の摂取量が多い人はとくに濃く現れる可能性があります。頬にできるシミを消すためには、これらの肝臓に負担をかける食べ物を控えることが何よりも大切ですが、できない場合には黒ごまをたくさん食べましょう。

黒ごまは脂質の豊富な食べ物で、この脂質が肝臓を綺麗にし、また、肝臓の機能を高める作用があるからです。

シミの対策はクリームやサプリメントなどの足し算のケアも有効ですが、もっとも有効なのは引き算のケアです。あまり知られていませんが、精製された炭水化物や塩、砂糖などは肝臓で毒として処理されます。そのため、これらの食べものはできるだけ減らすことが大切です。

【3】口元

コリアンダーはデトックス作用の高い食品

シミが口元にできたり、あるいはヒゲが濃くなるなど口周りのシミや肌の変色がある場合には生殖機能の衰えが原因のようです。

性欲に関係なく、子宮や卵巣は衰えていきます。急激に生殖器が衰えるのは、加齢の他にも毒素が子宮に溜まっていることが多いようです。排泄すうためにはコリアンダーなどのデトックス作用の高い食品を多く摂取して、また、お腹を冷やさないようにすることが有効です。

生殖器はとくに冷えに弱い臓器です。腰やお腹をカイロで温めたり、半身浴で下半身をしっかり温めるようにしましょう。

【4】できたり治ったりするシミ

できたり治ったりするシミ

場所によらず、シミができたり、治ったり、あるいは濃くなったり薄くなったりする場合には胃腸に問題があることが多いようです。

原因は腸に老廃物が溜まっていることです。

毎日排便していても、全て出し切れていない可能性もあります。改善のためには食物繊維を含んだ食べ物をよくかんで摂取することが有効です。よく噛んで食べることで胃腸のぜんどう運動がしっかりと行われたり、あるいは唾液の分泌によって胃腸の新陳代謝が活発になるという効果もあります。

どうせ消化されない、と思って飲み込むようにして食物繊維を摂取することは便秘の改善どころか悪化につながる恐れもあるので注意しましょう。

有用な食物繊維はやはり葉物野菜やキャベツが有用です。旬の季節のものを選んで食べやすいサイズにカットしていっぱい食べるようにしましょう。

PR