全身に出来ずに、腕だけに現れるのは一体何故?腕の蕁麻疹の原因とは?
31,677views

全身に出来ずに、腕だけに現れるのは一体何故?腕の蕁麻疹の原因とは?

蕁麻疹は通常、身体の皮膚全体に現れるものですが、中には、身体の一部分だけ現れることがあります。腕の蕁麻疹の原因は、アレルギーと大きな関係性があります。皮膚科でアレルゲンを特定し、なるべくアレルギーの元となるものに関わらないようにしましょう。ゴムや汗や紫外線、特定の食品などに注意する必要があります。

腕の蕁麻疹の原因は一体何故?

何故、腕だけに現れるの?

なぜか腕だけに蕁麻疹

腕に出来た突然の赤い発疹!かゆみが出てきて、もしかして蕁麻疹?身体の皮膚全体に現れるのではなく、腕だけに出来た場合、何故腕だけに出来るのか疑問に思いませんか?

腕だけに何度も出来るのは免疫記憶があるから

腕だけに何度も蕁麻疹が出来てしまうのは、いろいろな理由が考えられますが、そのうちの一つとして、皮膚には免疫記憶があるからということが考えられます。一度アレルギーが身体の一部分に出来てしまうと、その部分が覚えていて、再び同じ箇所のみアレルギー反応がでてしまうことがあります。

腕部分だけアレルギー物質に触れている可能性も!

ゴムアレルギーで蕁麻疹

腕の蕁麻疹の原因の一つとして、腕部分だけアレルギー物質に触れている可能性も考えられます。たとえば、ゴムやナイロン、ビニールなどでアレルギー反応が出てしまう方もいます。

医療従事者の場合だと、手術中にはめる手術用の手袋には、天然のゴムが使用されていることが多く、このゴムによってアレルギーが出てしまうのです。最近では、医療従事者の中では、このゴムアレルギーを持つ人が増えてきており、天然のゴム以外の素材を使用したアレルギー対策用の手袋も出回っています。

これまでアレルギーがなかった方でもある日突然アレルギーを発症することがあり、一度アレルギー反応が出てしまうと、アレルギー物質に触れるたびに、蕁麻疹などの反応が出る確率も高まります。ゴム以外にもビニール手袋や、小麦粉などの特定のアレルゲン物質食品に触れている方も、アレルギーが一度出ると発症してしまいます。食品工場で働いている方や、パーマ液やカラーリング剤に触れている美容師も、腕だけに蕁麻疹が出来てしまう可能性が出てきます。

腕の皮膚はアレルギーに弱いということも!

腕の内側の皮膚はとても柔らかく薄いので、他の身体の部位に比べるとアレルギーが出やすいということも考えられます。上腕の内側皮膚は特にアレルギーが出やすい場所であり、そこから蕁麻疹が腕全体に広がっていくこともあります。

日光や汗によって蕁麻疹が出ることも!

日光アレルギーで蕁麻疹

夏になると半そでになる機会も多くなります。紫外線が強い太陽の日差しや汗がアレルゲンとなって腕部分に蕁麻疹がでることもあります。

腕の蕁麻疹は皮膚科を受診!

皮膚科を受診

放置せずに早い段階で受診しましょう

腕の蕁麻疹は、そのまま放置せずに早い段階で皮膚科を受診して診てもらいましょう。腕の蕁麻疹の原因を専門医に診てもらうのが一番です。腕の蕁麻疹の原因には、あせもや接触皮膚炎、精神的なストレスなど様々な原因が考えられます。治療をするのなら、その原因を探ることが大切です。塗り薬や内服薬などが処方されるので、薬の力で症状を緩和させたり、治すことができます。長い間放置しておくと、症状が酷くなっていくため、気がついたら早い段階で診てもらいましょう。

アレルギーを持っている人ほどなりやすい!

腕の蕁麻疹はアレルギーを持っている人ほどなりやすい傾向があります。蕁麻疹を治すには、なるべくアレルギーとなるものに近づかないようにすることが大切です。

PR