夏なのに、乾燥肌?汗はかくのに皮膚の一部がカサカサに乾燥するのはなぜ?
96views

夏なのに、乾燥肌?汗はかくのに皮膚の一部がカサカサに乾燥するのはなぜ?

乾燥肌は冬のものと思っていたら大きな間違い。肌は汗だけでなく、エアコンによる乾燥、紫外線の影響を受け、夏にも実は乾燥肌に悩んでいる人が多いのです。気がついたら皮膚の一部がカサカサになっていることも。夏だからこそ気を付けたいことは何でしょうか?

夏でも乾燥肌ってあるの?

結構悩んでます、夏の乾燥肌

肌の乾燥と言えば秋冬が定番でしたが、現代ではこんな蒸し暑い夏でも乾燥肌で悩む人が多いみたいですよ。例えば、下着の締め付けのある胸の下や背中、また肘の内側や足の側面など、皮膚の一部がカサカサになって粉がふいたようになる場合も。

夏の乾燥肌の原因は?

シャワーの浴び過ぎ?

シャワーの浴び過ぎ?夏と言えば汗。寝ている間も起きてからも汗ばかりかいていますね。少し動いただけで、ちょっとゴミだしに外に行っただけで、下着まで汗ぐっしょりになる事あるませんか?そんな時は、ばーとシャワーで流したいですよね。でも、1日に何度もボディソープで体を洗うのは肌を痛める事になり、潤いも失ってしまい、乾燥肌の原因に。どうしても汗が気持ち悪い時はぬるま湯のシャワーで汗を優しく流すだけにしましょう。ゴシゴシ洗わないでください。そしてシャワーの後は保湿を必ずしてくださいね。また洗顔も同様にあまりクレンジングでゴシゴシ洗うのは避けましょう。

エアコンや扇風機は適度に

エアコンや扇風機は適度に熱中症の心配される夏は、上手にエアコンや扇風機を使って乗り越えたいですが、オフィスなど一日中エアコンの環境にいる場合は、空気も乾燥しているので肌はカサカサに乾燥してしまいます。また汗をかいた後にエアコンや扇風機にあたると気持ちがいいものですが、その汗が蒸発する時に一緒に肌のうるおいも蒸発してしまうんです。タオルなどで汗をおさえつつ、あまり長い時間直接風に当たらないようにしましょう。

紫外線対策を万全にするとともに。。。

日傘やアームカバーなどを使用するなどの対策も有効です夏は特に紫外線の影響を最小限にしたいですね。でも日焼けも乾燥肌の原因になるので肌には良くありませんが、すでに皮膚の一部がカサカサするなどの乾燥が見られる肌に、SPFやPAの数値の高い日焼け止めを使うと、逆に肌に負担になり、肌の乾燥やかゆみを増してしまうかもしれません。最近は色々な保湿タイプの日焼け止めが出ていますので自分に合ったものを選びたいですね。リゾート地に行くときは数値の高いものを使用するのもいいですが、低いものをこまめに塗りなおしたり、日傘やアームカバーなどを使用するなどの対策も有効です。

洗剤があわない???

汗くさいのはいや!と、今はさまざまな制汗剤や洗剤、柔軟剤がでています。使用量をきちんと守って使うにはほとんど問題ですが、疑心暗鬼になり、必要以上に使い過ぎると成分が衣服に残留し、肌に悪影響を与える場合があります。突然アレルゲンになってしまう事もありますので、肌がおかしいなと思ったら使用を中止して、皮膚科を受診しましょう。

夏におススメの保湿剤は?

夏にも保湿は大切ですが、ベタベタするのはいやですよね。でもやはり必ずシャワーやお風呂のあとには保湿をしたいですね。浸透性の高いジェルタイプの全身用ジェル状美容液が今、人気です。また昔からあるホホバオイルもすぐにオイル感は気にならなくなって、肌ももちもちになるとのこと。お子さんをお持ちの方ならよくご存じのヒルドイドローションもおススメです。夏はあまりラッピング効果の高いものを使うと汗を閉じ込めてしまうので気を付けましょう。

食生活に気を付けよう!

冷たい麺類やあっさりとしたものばかり食べていませんか?暑いからと言って、冷たい麺類やあっさりとしたものばかり食べていませんか?肌はタンパク質からできています。また紫外線を浴びた肌を修復するのにも不可欠なものです。食欲がなくなる夏ですが、タンパク質を意識してとりましょう。また、ビタミンやミネラルも、美肌には欠かせない栄養素です。夏野菜のサラダなどで積極的に摂取しましょう。

PR