自宅で簡単に実践!いびきの治し方豆知識をご紹介。
297views

自宅で簡単に実践!いびきの治し方豆知識をご紹介。

日常ほんのちょっと気をつける、あるいは習慣とする事で、十分な効果が期待出来るいびきの治し方を幾つかご紹介しましょう。いずれも最初の数日間少しだけ頑張れば、その先に心身の負担を覚える事はありません。「継続は力なり」はいびきの治し方にも通じているのです。

仰向けに寝る人に多いいびき。

寝てる時の姿勢はうつ伏せ?横向き?

最初は違和感を覚えるかも知れませんが、横向き寝はいびきストップの効果が期待出来ます。

いびきの治し方は体型や生活習慣などにより、正確な原因を見つけだすのも難しいと言えます。しかし、「身体を横向きにして寝る」だけでいびきを軽減する方法があります。いびきをかく人の多くが仰向けに寝ている事はデータが証明しており、これは仰向け態勢に因って舌が沈み込んでしまい、結果いびきが生じてしまう条件を満たしてしまっているのです。まずは一度寝る姿勢から見直し、少しでも改善できるように努めましょう。

対して横向きに寝れば、舌が喉の奥側に落ち込む事を防げます。こちらの態勢の方が呼吸の気道を確保しやすく、スムーズな呼吸であれば、いびきという名称の異音の発生リスクは大きく抑えられて当然なのです。ちなみに私達の心臓は身体の左側に位置していますので、体格が良い方であれば左肩を上にする姿勢で、心臓への圧迫感の軽減を図る事をお薦めします。

いびき解消グッズの活用。

手軽ないびきの治し方としては、やはり各種市販されている「いびき解消グッズ」を用いる手法が思い浮かびます。鼻の頭に貼りつける事で鼻の穴の気道を確保するタイプや、マウスピースタイプで先に述べた舌の落ち込みを防ぐタイプなど、さまざまなグッズが多くの愛称者を増やし続けています。ご興味をお持ちであれば、まずはインターネット検索を活用の上、各商品の情報収集から始められてはいかがでしょうか?

いびき解消には横向き寝にしてみたりマウスピースなど色んなグッズを試してみましょう

実際に暫く使用した上で、自身にベストマッチのグッズを絞り込んで行きましょう。

使用に際しては当然、最初はどのグッズにも違和感を覚えて当然です。大切なのは就寝時に過度な不快感を伴うグッズを順に外して行き、自身が最も無理無く装着出来、家族や周囲の人達が確かな効果を声にしてくれるグッズを最終選択する「過程」なのです。自分に合ったアイテムが見つかるまではある程度の出費がかかりますが、その分安心して眠りにつける時間を確保することが出来ます。十分な睡眠の確保こそが健康上最優先して生活することが大切です。ただし、グッズを使用している最中に体調が悪化した際には、すぐさま使用を中止するのも忘れないようにしましょう。

口の周りの筋肉強化が鍵。

いびきの治し方の1つとして、口腔内の筋肉を鍛える方法もご紹介しておきたいと思います。一朝一夕で効果を確かめる事は期待出来ませんが、中長期的に根本からいびきを改善する上で必要な努力ですので、ぜひ実践してみてください。いびきの原因として、就寝中に舌を無意識に固定出来ていない状態が挙げられ、口腔内で舌が小刻みに移動してしまった結果、いびきという異音を乗じてしまっているケースは珍しくありません。

いびき解消法としてグミやガムを噛んで口腔内の筋肉を鍛えてみましょう

慌てて呑み込まず、左右の歯で均等にしっかり噛めば、それがいびき改善に繋がって行きます。

具体的には日常の食事に際し、左右の歯で均等に数多く噛む習慣をつける、ガムやグミなどを噛み、アゴ全体の筋肉を鍛えるなどが挙げられます。普段の会話に於いても歯切れ良い発音や発声を心掛ける姿勢も、少しずつ着実に口の周辺の筋肉の強化に繋がります。大切なのは習慣化する事と、早急な効果の実感を焦らぬ姿勢なのです。

PR