不眠睡眠障害を改善!睡眠薬のメリットデメリットを知ろう
104views

不眠睡眠障害を改善!睡眠薬のメリットデメリットを知ろう

眠りに関するトラブルや不眠症状を改善し快適な眠りをサポートしてくれる睡眠薬。睡眠薬は数種類に分けられていて上手に使えば睡眠の強い味方になる非常に頼もしい薬です。しかし薬の種類によってそれぞれメリットデメリットも。安全に睡眠薬の服用するために代表的な薬の効果と睡眠薬のメリットデメリットを知りましょう

睡眠薬のメリットとデメリット

夜眠らなければいけないのになかなか眠れない、寝つきが悪いなど睡眠に関するトラブルは慢性的な睡眠不足になりやすく日常生活にも支障をきたします。

そんな時に睡眠薬や睡眠導入剤を使用することで心地よく眠りにつくことができます。
しかし、そんな睡眠薬も少し使い方を間違えると心身に悪影響を及ぼす可能性も。

睡眠薬を正しく上手に使用するために、睡眠薬のメリットデメリットについて理解しておくことはとても大切なことです。

慢性的な睡眠不足は日常生活に支障をきたします。

不眠の症状

質の良い睡眠、十分な睡眠は毎日を健康な生活を送るためにとても重要です。
正常な人間は眠りのサイクルが大体決まった感覚で訪れるため、朝になると起きて夜になると自然に眠ることができます。

しかし、何らかの原因によって昼夜にかかわらず入眠に時間がかかる、睡眠をうまく取れない日が慢性的に続く・・・そんな状態を「不眠」と呼びます。

不眠の原因は人によって様々ですが、おもな症状には

・寝つきが悪い
・寝てもすぐ目が覚める
・夜間は寝れず昼間に眠くなる
・朝起きられない
・上手な入眠ができない

などがあります。

睡眠障害の治療に用いられる薬

睡眠に関するトラブルはたまにならば誰にでもあることですが、慢性的になってしまうと、生活リズムの乱れや心身の疲労や衰弱につながります。

そこで活躍するのが、服用することでスムーズな入眠をサポートする睡眠導入剤や、睡眠自体の質や睡眠時間をコントロールする睡眠薬なのです。

また睡眠薬は、いくつかの種類があってそれぞれにメリット・デメリットが存在しています。

ベンゾジアゼピン系睡眠薬のメリットデメリット

また睡眠薬は、いくつかの種類があります。

もともとは抗不安薬として使われていたが副作用の睡眠効果が強いため睡眠薬としても利用されるようになった薬です。感情をコントロールする視床下部に働きかけることで不安、緊張などの睡眠を妨げる感情を緩和させ自然な眠気を引き起こします。

メリット
ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は自然な眠りをもたらすため睡眠導入剤として処方されることも多い薬です。肉体、精神的な依存性も低く副作用の心配もほとんどありません。

デメリット
副作用に筋肉の弛緩が認められているため寝起きに脱力感を感じることがあります。また、朝になっても薬の効果が継続している場合めまいやふらつきを感じることも。

主な薬には、ハルシオン、デパス、レンドルミンなどがあります。

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬のメリットデメリット

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬はベンゾジアゼピン系の薬とは構造的に異なっているのですが、同じような抗不安や睡眠作用が得られる薬をいいます。

メリット
ベンゾジアゼピン系睡眠薬と同じように抗不安や不眠改善などの作用を持っているうえに筋弛緩作用が少ないため服用後のめまいやふらつきが起こりにくくしたものです。安全性の高さから一般的によく処方される薬です。

デメリット
依存性は低いですが慢性的な服用で依存性が高まると、幻覚や記憶障害などの副作用が現れる可能性があります。
マイスリー、ルネスタなどが分類されます。

ハルシオン、デパスなど名前を聞いたことがある睡眠薬もありますよね

メラトニン受容体作動薬のメリットデメリット

私たちが眠気を感じているとき、頭の中ではメラトニン受容体という部分が刺激をうけ眠気が引き起こされています。メラトニン受容体作動薬は服用することでメラトニン受容体を人工的に刺激し、眠気を引き起こす

メリット
メラトニン受容体作動薬は強制的な眠りを引き起こすのではなく自然に近い状態で入眠することが目的とされています。安全性お高く依存性も極めて低い薬です。

デメリット
大きな副作用やデメリットはありませんが睡眠に対する作用はほかの薬に比べて弱く症状によっては効果を感じにくい場合もあります。

このように睡眠薬といってもいろいろな種類がありそれぞれにメリットデメリットがあります。
しかし、自分の意志だけで薬の服用を始めるのは予期せずトラブルの原因になるので危険です。

睡眠に関しての不安や異常を感じたら、専門委による診察や治療をうけましょう。

PR