漢方なら副作用の心配がありません!不眠に効く漢方は症状別に選びましょう
30views

漢方なら副作用の心配がありません!不眠に効く漢方は症状別に選びましょう

不眠に効く漢方は睡眠薬と違い、副作用のリスクが少なくてすみます。漢方薬は、睡眠薬とは違い、効果が出るのはゆっくりであるため、気長に服用し続ける必要があります。個人の症状に合わせて、漢方薬を選ぶようにしましょう。色々な種類があるので、漢方を取り扱っている病院を受診しましょう。

不眠は睡眠薬?それとも漢方?

睡眠薬の効果は即効ですが、副作用もあります。

不眠症は、切実な悩みの一つ

不眠症は、ストレスだらけの現代社会を生きる人々にとっては、切実な悩みの一つかもしれません。
なかなか夜眠ることができずに、ベッドの中で悶々とした時間を過ごしてしまう方もいるかもしれません。

そんな方の手助けとなるのが、睡眠薬です。
しかし睡眠薬の場合、副作用の面でいろいろと心配なことが出てきます。

たとえば服用した翌朝を過ぎても、眠気が続くこともあります。
浅い睡眠しか取れず、眠ったのにまだ寝足りないこともあります。
睡眠前の記憶をなくしてしまったり、長期服用すると睡眠薬依存症になったり、途中で睡眠薬をやめた時に、離脱症状が出てしまったりするなどの副作用があります。

その点、漢方薬だと、身体への副作用が少ないので低リスクですみます。
そこで、不眠に効く漢方を利用して、良質な睡眠を得てみませんか?

効き目が現れるのは意外と遅い!

漢方薬は、西洋医学の睡眠薬と違い、飲んだらすぐにその効果が現れるわけではありません

漢方薬は、西洋医学の睡眠薬と違い、飲んだらすぐにその効果が現れるわけではありません。
飲んだその日の夜から、眠れるようになるわけではなく、飲み始めて、早い方では一ヶ月目から、遅い方では半年ぐらいで効果が現れます。

そのため、長い目でゆっくりと不眠症を治していくつもりで、漢方と付き合っていかなければなりません。

不眠に効く漢方は症状に合わせて処方してもらおう

漢方は病院や専門店で

漢方は病院や専門店で

不眠に効く漢方を手に入れるには、漢方薬を取り入れている病院か、漢方を専門に扱っている薬局で手に入れるのが一番でしょう。

最近は、漢方を取り入れている病院も多く、希望すれば漢方薬を処方してくれるところもたくさんあります。病院なら、細かな症状などを医師が診断してくれるので、より自分に合うものを選ぶことができるでしょう。
一般のドラッグストアでも不眠に効く漢方を手に入れることができます。

しかし、いろいろなタイプのものがあり、自分の症状にあったものを選ばなければ、せっかく漢方を飲んだのにも関わらず、体質に合わず、効果を得ることができない場合もあるので、注意が必要です。

感情が高ぶって眠れないときには

感情が高ぶって眠れないときには

昼間、腹立だしいことなどがあり、ストレスで感情がイライラとして眠ることができない場合には、精神を鎮めてくれる働きのある漢方薬が有効です。

ヨクカンサンという漢方薬には、いらだった感情を鎮めてくれる効果があります。
この漢方薬には、血液の働きも活発化させてくれるため、月経不順にも効果があります。

女性の他にも、子供の不眠にも効果がある漢方薬です。

眠りが浅いときには

眠りが浅いときには

眠りが浅く、夜中に何度も目を覚ましてしまう方におすすめな漢方は、キヒトウという漢方薬です。
性格的に、クヨクヨしやすく色々と悪い方向に考えてしまう傾向もあります。

キヒトウには血のめぐりをよくする効果や、精神的にも安定させる効果があるため、自律神経の働きをよくする効果もあります。

疲れ過ぎて眠ることができない

昼間活動的に動き回り、疲労で眠れない場合もあります。

昼間活動的に動き回り、疲労で眠れない場合もあります。
そんな場合の不眠に効く漢方は、オウレンアキョウトウという漢方が効果があります。

この漢方は身体を冷やす効果があり、高ぶった心や、身体のほてりを覚ましてくれる効果があります。

PR