睡眠障害の治療と睡眠障害の種類・原因について
121views

睡眠障害の治療と睡眠障害の種類・原因について

睡眠障害の治療についてまとめています。睡眠障害とはその名の通り何らかの原因によって睡眠が妨げられることを指します。睡眠が不十分ですと日常生活に大きな支障をきたしますので、睡眠障害である場合はしっかりと治療をすることが大切です。

睡眠障害とは?

睡眠障害の種類

睡眠障害の種類一口に睡眠障害と言ってもその種類は4つに分けられます。4つの睡眠障害の中でも最もポピュラーなのが不眠症です。更に細かくすると、布団に入ってもなかなか寝付けない入眠障害、夜中に起きてしまう中途覚醒、早朝に起きてしまう早朝覚醒、寝ても寝たりないと感じる熟睡障害の4つが不眠症に含まれます。不眠症=なかなか寝付けないというイメージがありますが、それ以外の症状がある場合も不眠症を疑いましょう。

不眠症とは逆に、寝過ぎてしまう症状を過眠症と呼びます。過眠症は、夜に寝ていても昼間に強い眠気を感じることがあります。昼間に強い眠気を感じる場合、仕事に支障が出てしまったり事故の原因になってしまうためとても危険です。他にも、睡眠と覚醒のリズムが乱れる睡眠覚醒リズム障害や睡眠時随伴症があります。睡眠時随伴症とは、寝ている間に物を壊す、何かを食べるなどの症状が表れます。このような睡眠障害がある場合には、重大な事故を引き起こしてしまう危険性が高いため早めに治療を受けることが望ましいでしょう。

睡眠障害の原因

睡眠障害を引き起こす原因はいくつかありますが、特に精神面での不安やストレスがある場合に睡眠障害になりやすいと言われています。精神面が原因の睡眠障害の場合、よく眠れないことが更にストレスとなり症状が悪化しやすいので注意が必要です。この場合、専門医による適切な治療を受ける必要があります。また、睡眠をとる環境によって睡眠障害を引き起こすことも考えられます。例えば、海外旅行による時差ボケがこれに含まれます。一時的な場合は特に問題はありませんが、睡眠障害の症状が続くようであれば治療の必要があります。

身体的な原因から睡眠障害になることもあります。病気やケガによる痛み、喘息の発作、花粉症などが睡眠を妨げてしまう状態です。頻尿による睡眠障害のケースも多いようです。このような原因の場合は、痛みや発作などを治療することで睡眠障害の症状を軽減することができます。

睡眠障害の原因他にも、普段から喫煙習慣がある人はタバコに含まれるニコチンの影響で睡眠障害になっている可能性があります。また、ニコチン以外にアルコールやカフェインも睡眠障害を引き起こす可能性があります。喫煙習慣がある人は禁煙を心がける、アルコールを飲みすぎない、寝る前にカフェインを摂取しないなどの対処法を行うことで睡眠障害の症状が軽くなる場合があります。

睡眠障害の治療

薬物治療と非薬物治療

睡眠障害の治療睡眠障害の治療には、薬物治療と非薬物治療の2つがあります。薬物治療では、主に睡眠薬を服用します。実際に、睡眠障害の治療として睡眠薬を服用している人は少なくありません。ただし、自己判断で睡眠薬を服用するのは危険です。必ず医師の診察を受け、指示された通りに睡眠薬を服用しましょう。

一方で睡眠薬を使用しない非薬物治療には、睡眠時間を減らすことで治療を行う睡眠制限法、強い光を当てることによって体内時計を整える高照度光治療、ストレスや不安の解消を図る精神療法、気持ちを落ち着かせて安眠を促すリラックス法があります。このように睡眠障害の治療にはいくつか種類があり、原因や症状によって治療法は異なります。そのため、睡眠障害は医師の診察を受けて適切な治療をすることが望ましいでしょう。

PR