リアルな幻覚!?誰でもなり得る入眠時幻覚って何?
20,315views

リアルな幻覚!?誰でもなり得る入眠時幻覚って何?

入眠時幻覚とは睡眠に入る途中で、リアルな幻覚を見てしまうというものです。楽しい夢ではなく、恐怖や悪夢を見るケースがほとんどです。入眠時幻覚が多い患者の多くが、起きている間も幻覚を見るようになってしまう傾向があります。

入眠時幻覚っていったいどういうものなの?

入眠時幻覚とは、睡眠に入る途中で、まるで目の前で起こっているような幻覚が見えてしまう現象のことを言います。
とてもリアルな幻覚で、五感を伴っていることが多いため、寝る前に強い恐怖感を味わってしまうのです。
楽しい夢ならいいのですが、入眠時幻覚のほとんどが、ダークで怖いものがほとんどなのです。

sleep-264475_640

また入眠時に何故このような幻覚を見てしまうのか、その原因については解明されてはいません。
入眠時幻覚の症状を持つ方の多くが、睡眠障害を現実に抱えている方が多いのも事実です。
こうした入眠時幻覚をもった症状の方は、睡眠障害を専門に扱っている病院で一度検査してもらうとよいでしょう。
自分に合った治療法が見つかります。

なんと昼間起きている時間も幻覚が!

なんと昼間起きている間も幻覚を見てしまう傾向が、入眠時幻覚の症状を持った方にはあります。
昼間、幻覚を見ることによって、日常生活や社会生活が普通に送れなくなってしまうので、こういった睡眠問題を抱えている方は一刻も早く治療を開始した方がよいでしょう。
一般の病院よりも、睡眠を専門として行っている大学病院などを受診した方が、自分に適した治療法を見つけることができるでしょう。

専門機関ではどんな治療法をするのでしょうか?

入眠時幻覚の治療を行う前に、患者がどんなトラブルを抱えているのかをきちんと睡眠時のポリグラフ検査などを行って調べる必要があります。
そこで、病院に何泊か止まり込みで入院検査をする必要がでてきます。
睡眠時の脳波はどうなっているのか、節電図や呼吸を測定する機械を身体に取りつけて測定していきます。

悪夢の種類は個人によって違います

eyes-394175_640
入眠時幻覚のほとんどが、浅い眠りのとき、夢を見やすいレム睡眠期に起こる傾向があります。
このレム睡眠期は浅い眠りであるため、頭は半分起きた状態で、身体は休息している状態であるため、眠った筋肉が金縛りにあったように震えだすこともあります。
身体は動かないのに、頭だけが半分起きている状態であるため、身体の自由が利かないという恐怖感に襲われてしまうのです。
こうした恐怖感などを押さえるために、治療法として、睡眠薬や精神安定剤などが処方されるケースがほとんどです。

また日常のストレスを抱えている方でも、この入眠時幻覚を体験する方も多くいます。
こうしたストレスを抱えた方の場合だと、心療内科を受診するとよいでしょう。
心療内科での治療法も、睡眠導入剤などが処方されるケースがほとんどでしょう。

リアルな入眠時幻覚!を見ないようにするには

本人にとっては、入眠時幻覚はかなりの恐怖感がある幻覚を見るため、こんな恐怖を味わうのは嫌だと思う方が大半ではないでしょうか。
そこで、このような悪夢から抜け出すには、良質な睡眠を手に入れることです。
入眠時幻覚は、眠りの質が悪い人に起こる傾向があります。

sleep-375345_640
良質な睡眠が取れるようになれば、悪夢から抜け出すことができるのです。
そこで良質な睡眠が取れるように、朝起きた時に、朝日を一定時間浴びるようにしたり昼間は活動的に動き、昼寝をしないようにするなど、昼間活発に動くことが大切になってきます。
夜型中心の生活や、生活習慣が不規則になると、当然睡眠サイクルが乱れてくるため、精神的にも落ち着かなくなってしまうのではないでしょうか。

PR