原因はストレス?病気?不整脈の予防や対策をしよう
76views

原因はストレス?病気?不整脈の予防や対策をしよう

不整脈は主に心臓疾患や自律神経の乱れ、ストレスが原因で起きることが多い病気です。不整脈が現れるということはすでに心身に何らかの異常が現れているということになり治療が必要となってしまいます。不整脈の予防をするためには原因となる心臓疾患の予防や自律神経を整えることが必要なのです。

不整脈の予防と対策

不整脈とは、本来ならば心臓の収縮によって一定のリズムを刻んでいなければいけない心拍が異常に早かったり不規則に乱れることを言います。

通常の心拍で問題ないとされているのは、毎分にして60回~100回程度。そして通常の場合心拍は、激しい運動をしたときや、怒りや焦りなど精神的な興奮によって変化します。

しかし、このように心身が興奮状態になっているわけでもなく、平常時にいきなり発生する心拍の乱れは不整脈の疑いがあります。

不整脈の原因は、主に心臓疾患によるものと精神的なストレスや自律神経の乱れが多いとされています。

そこで、不整脈の原因となる病気の進行や心身の異常を改善することが不整脈の予防につながります。

平常時にいきなり発生する心拍の乱れは不整脈の疑いが

心臓疾患が原因の不整脈の予防方法

症状の強さや頻度を問わず不整脈が定期的に現れる場合、心臓疾患の可能性が大!

不整脈の原因となる主な心臓疾患には、徐脈頻脈(ひんみゃく)症候群、洞不全症候群、心房細動、心室性期外収縮、房室ブロックなどがあります。

心臓はポンプのような役割をしていて私たちの体に血液を循環させる非常に重要な役割を担っています。しかし、上記のような病気が原因でポンプの役割がうまくいかなくなると拍動が乱れ不整脈の症状としてあらわれます。

心臓疾患の多くは、原因がはっきりと特定されていませんが加齢による心臓壁の老化、運動不足、食生活の乱れなどが心臓疾患を引き起こす大きな要因になっているためそれらを改善することが心臓疾患による不整脈の予防につながります。

心臓病の発症を予防する生活の基本

心臓に負担をかけない食生活の基本はバランスとれた食事とコレステロールをとりすぎないことです。

フライ料理やジャンクフードなど油分や糖分の多い食事はコレステロールや糖質の過剰摂取につながり血管を老化させ血液をどろどろにし動脈硬化の原因となります。また血流が悪くなることで心臓に栄養や新鮮な酸素がいきわたりにくくなり心臓の働きに異常が出やすくなるため心臓疾患を発症しやすくなります。

また食物繊維を多く含んだ野菜や豆類、きのこ類、イワシなどの青魚は体内のコレステロールをコントロールしてくれる働きを持つため積極的に摂取しましょう。

そして塩分は1日10g未満に抑えましょう。塩分の取りすぎは高血圧の原因となり心臓への負担を大きくします。

また、運動不足によって心臓の機能が低下することで心臓の老化が進み心臓疾患を引き起こしやすくなります。適度な運動で心臓を鍛え老化を予防しましょう。

運動をする時は激しい運動を短時間行うのではなく、ウォーキングやランニング、水泳など軽い有酸素運動をゆっくり長く続けることがポイント!心肺機能が向上し心臓の老化を防ぎ心臓疾患を予防することができます。

自律神経に乱れやストレスが原因の不整脈

自律神経の乱れを予防するには食生活が大切

不整脈が続くけれど体に異常がない…そんな場合は自律神経の乱れやストレスが原因となっていることがあります。

自律神経を整えストレスを軽減させることが不整脈の予防に効果的!

まず、自律神経の乱れを予防するには食生活が大切です。

自律神経の乱れが起こりやすい人は野菜不足やカルシウム不足であることが多いようです。特にカボチャやニンジン、ピーマンなど緑黄色野菜に多く含まれいているビタミンAは自立神経を整えるうえで重要な役割をするので積極的に摂取しましょう。

そしてカルシウムも自律神経を整えストレスを軽減するために欠かせない成分です。

カルシウムには、イライラを抑制する作用があり不足すると落ち込みやすくなる、緊張状態が続く、記憶力の低下などがみられます。

カルシウムは小魚やわかめやひじきなどの海藻類、アーモンドなどのナッツ類に豊富に含まれているので毎日の食事に取り入れカルシウム不足を解消しましょう。

手軽に続けられるサプリメントによる摂取もおススメです。

また質の良い睡眠をたっぷりととることも自律神経の乱れやストレスの改善に欠かせません。

眠りのゴールデンタイムと言われる22時~2時を中心にしっかりと睡眠をとり心身を休めることで自律神経のバランスを整えストレスの軽減につながります。
睡眠をとり心身を休めることで自律神経のバランスを整えストレスの軽減につながります

PR