この鼻づまり、じつは鼻スプレーの使い過ぎが原因だった!?
133views

この鼻づまり、じつは鼻スプレーの使い過ぎが原因だった!?

鼻スプレーの使い過ぎが原因で、点鼻薬性鼻炎になってしまっている方がいらっしゃいます。鼻スプレーについて正しく知って、本末転倒にならないようにしたいですね!今回はスプレータイプの点鼻薬について、その効き方や使い過ぎにならないようにするにはどうしたら良いかなどについて紹介します。

鼻づまり用の鼻スプレーの使い過ぎは、かえって症状を悪化させてしまう原因のひとつになるって知っていますか?
むしろ、こんな風に耳にしたことがあるかも知れません。
「鼻スプレーを使いすぎると、そのうち慣れて効かなくなる」
今回は知らないと後悔する鼻スプレーの話です。鼻スプレーの使い過ぎは、かえって症状を悪化させてしまう原因

即効性のある便利な鼻づまり対策

ここで鼻スプレーと呼んでいるのは、鼻の中にシュッと吹きかけるだけのスプレータイプの鼻づまり用の点鼻薬ですが、これを使うといったい鼻の中ではどんなことが起こるのでしょうか?
仕組みはこうです。
鼻は細かい血管がたくさん集まっている場所なのだそうです。
そこで、鼻の中の血管を収縮させてやると、腫れが引くので鼻のとおりが良くなるというわけです。
つまり、血管に作用して鼻を通すので鼻づまりが解消されるという「血管収縮剤」なのです。
花粉症やハウスダストなどのアレルギー性鼻炎、風邪などによる鼻づまりに悩む方には、その効果が処方薬でも市販薬でも即効性があるので便利なものになっています。

点鼻薬性鼻炎に陥るサイクル

しかし、その即効性ゆえに、市販薬でも処方薬でも知らないうちに「点鼻薬性鼻炎」という悪いサイクルに陥ってしまう人が結構います。
薬局で簡単に手に入るので、病院に行かずに済まそうとする若い世代の使用が多いとも言われています。
さっき点鼻したのに、もう鼻が詰まってきたからまた使ってみようということを繰り返し、効き目のサイクルがどんどん短くなってきてしまう。
そんなことを繰り返しているうちに、さらに鼻づまりが悪化してくる…。
これは、血管を収縮させる役割のはずの薬が逆に作用してしまい、今度は血管が拡張するようになってしまうリバウンド状態になっているのが原因で、それこそが「点鼻薬性鼻炎」です。
効かないので何度も点鼻するうちにこんなサイクルに陥ってしまうのです。

点鼻薬性鼻炎に陥るサイクルとは

その鼻づまり、本当の原因はなに?

考えてみてください。
もともとの鼻づまりの原因はなんだったのでしょう。
その治療をしないで、鼻づまりだけをなんとかしたいと、鼻スプレーの使い過ぎに陥っていませんか?
まずは鼻づまりの原因を取り除くことが先です。
そして、点鼻薬性鼻炎は鼻スプレーの用法用量を守ることで避けられます。
もし、鼻スプレーを1ヵ月以上も使っているのであれば、期間的に長過ぎます。
花粉シーズンなどで、長く鼻スプレーを必要とする場合には、鼻づまりがひどい日だけに使用するなどの工夫が必要です。
そして、1日の点鼻回数を守らず頻繁に使用していたら、使用回数的に使い過ぎです。

点鼻薬性鼻炎は鼻スプレーの用法用量を守ることで避けられます

リバウンド状態から回復させるには

もしも、鼻スプレーを使用してもなかなか良くならない、むしろより悪化したという場合には、耳鼻咽喉科を受診して相談しましょう。
今回の「点鼻薬性鼻炎」のことを思い出して、自己判断でスプレー回数を増やしたり、いろいろなメーカーを試してみるなんてことはしないようにしましょう。
鼻スプレーは使い始めると、鼻づまりになるのがこわいからと、予防的に使ってしまいがちなので注意しましょう。
点鼻薬性鼻炎の治療方法は、鼻スプレーの使用を止めたり、回数を減らして回復するのを待つことから始めるのですが、二週間ほどで元の状態に回復すると言われています。

用法用量をしっかりと守ることが前提

医師の説明をよく聞いて使い方に注意しましょう鼻スプレーは鼻だけだし、内服薬とは違ってなんとなく体全身への副作用の心配がないように錯覚しがちです。
眠気もほとんどなく気軽に使えるという点で人気もあることは事実です。
ですが、薬にはかわりありません。
使用は慎重に、女性なら特に妊婦さんや、小さなお子さんの場合には注意しましょう。
市販薬の鼻スプレーを使用する場合には用法用量をしっかりと守り、処方された鼻スプレーは医師の説明をよく聞いて使い方に注意しましょう。
鼻づまりの原因となっている疾患を取り除くことが大切です。
くれぐれも鼻スプレーにだけ頼りすぎないように!

PR