オイルケアも有効☆鼻づまりの治し方は原因によっても異なる!
123views

オイルケアも有効☆鼻づまりの治し方は原因によっても異なる!

鼻づまりの治し方はその原因によって異なります。鼻づまりの原因の多くは生理的な反応によるものです。また、鼻の粘膜が弱くなっていたり、乾いていることで鼻づまりは悪化します。さらに体の冷えや水分摂取が原因になることもあるので体を温めたり、水分の過剰摂取を控えることも有効です。

鼻づまりの治し方

鼻づまりの治し方風邪の諸症状以外にも慢性の鼻づまりになる人は少なくありません。このような鼻づまりはあまり深刻な症状と思われないものですが、呼吸や食事、そして睡眠などの日常生活に大きく影響することがあります。例えば、鼻づまりは呼吸がしにくくなるだけでなく、集中力が落ちるため仕事が勉学の様竹になることがあります。さらに呼吸を制限されることから深い眠りが得られずに、脳や体を休ませることができずに体や神経に過度な負担をかけたり、肥満の原因になることもあります。このように鼻づまりは実は不快感だけでなく健康を損なうリスクもあります。今回はそんな鼻づまりの原因と治し方を紹介します。

鼻づまりの多くは生理的な反応によるもの

鼻づまりの原因には鼻の形や内部の構造によるものもありますが、多くは生理的なものが原因です。花粉症などのアレルギー性のものから体の冷えが原因のもの、また、涙と一緒に鼻水が出てしまうものなどはこの生理的な鼻づまりです。

【1】アレルギーによる鼻づまりの場合

アレルギーによる鼻づまりの場合花粉症などのアレルギーの場合の鼻づまりは冷水で鼻周りを洗い流しながら、鼻の穴を綺麗にすることが大切です。アレルギー反応によって炎症を起こしていることもあるため、冷やすことで爽快感が得られます。一旦鼻の穴を綺麗にしたら、アレルゲンを吸い込まないように、アレルゲンに近寄らないことやマスクなどで体内への侵入を防ぐことが大切です。

【2】体が冷えていることが原因の鼻づまりの場合

体が冷えていることが原因の鼻づまりの場合慢性の鼻炎の場合には二つの原因が考えられます。一つは体が冷えいていることです。体温が冷えている人は体が体温を逃げさないために余計な水分を排泄することがあります。そのため、鼻の穴を綺麗にしても絶えず鼻づまりが気になる場合には半身浴などで体をしっかりと温めることが有効です。出先や短時間で鼻づまりを解消したいときにはお湯で洗顔したり、鼻周りに温かい蒸しタオルをして温めることでも効果が得られます。体が冷えやすいタイプの人は普段から冷たいものの飲食を控えることも鼻づまりの予防になります。

【3】過剰な水分摂取が原因の鼻づまりの場合

慢性の鼻炎の原因には水分の過剰摂取があります。最近では健康法の一つとして水分をたくさん飲むことが勧められますが、体質によっては水分代謝が十分にできない人もいます。そのような水分代謝が苦手な人にとって多くの水分を摂取することは負担になり、汗や鼻水となって排出されることがあります。とくにミネラルウォーターでも硬度の高いものや、清涼飲料水の場合には鼻水の色が濃くなったり、粘性のあるものになります。自身の鼻水のタイプから摂取する水分量や水のタイプなどを意識してみましょう。

粘膜の保護はセサミオイルで行いましょう

粘膜の保護はセサミオイルで行いましょう鼻づまりの治し方として、もっとも大切なことは鼻の穴を最低でも1日に1回は綺麗にすることが大切です。慢性の鼻炎や鼻づまりの人はとくに丁寧に、そしてこまめに鼻の穴を掃除することが必要です。その際、セサミオイルを綿棒を使って鼻の穴の粘液を保護するよう塗ることが有効です。鼻の粘膜が乾いていたり、弱い人の場合はとくに鼻水が出やすいということがあるからです。セサミオイルで粘膜を保護してあげると鼻水の出る量が減ったり、粘膜が丈夫になり、鼻づまりをしにくくなることが期待できます。

PR