妊娠中の点鼻薬は問題ない?胎児に影響の心配は?
330views

妊娠中の点鼻薬は問題ない?胎児に影響の心配は?

妊娠中の点鼻薬は、辛い症状や不快感が続くストレスを軽減させるためには是非とも使いたいところでしょう。しかし、たった一回の薬の服用でも危険性を懸念される妊婦さんにとって、胎児への影響が心配になるのは当然です。ここでは、妊娠中の点鼻薬の使用についてお話します。

妊娠中の点鼻薬で迷ったら、医師や薬剤師に相談

妊娠中の点鼻薬

慢性鼻炎や花粉症の人にとって、妊娠中の点鼻薬を必須アイテムにしたい気持ちは山々でしょう。
妊娠中の点鼻薬を使っていいかどうかは、種類や頻度にも異なります。点鼻薬を使ってはいけないという制限にも鼻の不快な症状にも耐えるのは辛いものですから、まずは医師や薬剤師に相談してみるといいでしょう。

ただ、医師や薬剤師の多くは、妊娠中の点鼻薬を禁止とは言わないまでも控えたほうがいいという意見を持っています。問題が起こる可能性が高いという報告はされていないものの、リスクの可能性が少しでもあることを妊娠中にはしないほうがいいということでしょう。
市販の点鼻薬にも、妊娠中の胎児への影響について、確認報告や臨床試験のデータはないと案内されていることが多く、使用するとしたら自己責任となります。

妊娠中の点鼻薬が胎児に影響を与えるとしたら

妊娠中の点鼻薬使用での胎児への影響

既に妊娠が判明している人の場合は、妊娠中の点鼻薬にも気を付けようという認識が起こってきます。

しかし、妊娠初期には妊娠に気付かずに数ヶ月間過ごしてしまう人もいます。通常は毎月のように来る生理が妊娠すると来ないため、おかしいと思うのが当然です。
ところが、女性の月経リズムは決して一定とは限らず、何らかの事情で生理時期が遅れることもあるため、何となく遅いと思っているうちに妊娠初期を過ぎてしまうこともあるわけです。

もしも妊娠初期に点鼻薬を使っていたとしたら、妊娠に気付いた時点で速やかに使用を中止して医師に相談しましょう。妊娠初期には胎児の脳や脊髄が発育するため、母体からの影響で奇形が発生しやすい時期でもあります。
ただ、一人で心配しているよりは、早くに医師に相談して気持ちを楽にし、これからの妊娠期に備えたほうがいいのです。

市販の点鼻薬には妊娠中に使っていいものもある?

妊娠中に使用可能な点鼻薬

妊娠中には些細なことでも医師に相談しながら生活したほうがいいのですが、ついついネットなどに頼って自己判断しがちなのが最近の妊婦さんに多い傾向です。

ここでは具体的な医薬品名までは取り上げませんが、医師が挙げる妊娠中に絶対に使わないほうがいい点鼻薬の情報なども紹介されています。全ての医師が該当の点鼻薬を止めたほうがいいと言っているわけではないにしても、避けたほうがいいという医師がいる薬を敢えて使う危険を妊娠中に冒すのは無謀でしょう。

妊娠中の点鼻薬としては、医師が処方してくれるものもあります。どうしても使いたい場合は、医師が処方してくれた点鼻薬を使用するのが安全といえるはずです。くれぐれも、自己判断で点鼻薬を使うか使わないかを決めるのは止めておきましょう。

点鼻薬に代わる妊娠中でもOKの対処法はある?

仮に医師が点鼻薬の使用を許可しても、困った問題があります。点鼻薬は自律神経に作用して血管を拡張させるため、頻繁に使用することでかえって鼻炎を悪化させてしまうことがあるのです。点鼻薬性鼻炎という病気があるくらいですから、注意したほうがいいでしょう。
薬によって鼻の粘膜が腫れてくるのが問題で、以前より悪循環に陥る可能性も高いといわれます。点鼻薬を中止すると粘膜の腫れが治まって、鼻炎の症状も楽になるのが証拠です。

そこで点鼻薬は一日に2回程度の使用にとどめて、別の対処法で症状を緩和させるように心がけることをおすすめします。
方法は、蒸しタオルやカイロを用意して、鼻を温めるだけです。呼吸法を整えることでも、鼻の不快感は変わってくるといいます。

PR