臨月に鼻血が出た!大丈夫なの? その原因と対策法は?
7,079views

臨月に鼻血が出た!大丈夫なの? その原因と対策法は?

臨月に鼻血が出るという妊婦さんがけっこういます。妊娠中はホルモンバランスの影響で血液量が増えるため、鼻血が出やすくなります。すぐに止まるのであれば問題ないので心配には至りません。詳しい原因と対策方法についてご説明します。

臨月に鼻血が・・・大丈夫なの?

臨月の鼻血

妊娠中は鼻血が出やすいなんて話、聞いたことがあるかもしれません。妊娠するとホルモンバランスの影響で、鼻血が出やすくなります。
中には歯磨きしていると歯茎からも出血してしまうという妊婦さんもいて、いきなり血をみたら、お腹の赤ちゃんに何かあったんじゃないかと心配になりますよね?

特に臨月に鼻血が出たという妊婦さんが多いようですが、なぜ妊娠後期にこのような症状が出るのでしょうか?以下でご紹介していきますので、詳しく見ていきましょう。

妊娠後期の鼻血の原因

ホルモンの濃度が上がるから

妊娠に至るプロセスはもうご存知の方も多いと思いますが、女性の生理周期は、月経期と卵胞期、排卵と黄体期に分けられます。

月経期はいわゆる”生理中”のこと。卵胞期は、卵巣内にある卵が成長する時期で、それがピークに達すると排卵がやってきます。卵子が出たあとの卵胞は黄体になり、今度は黄体ホルモンが分泌される黄体期に突入します。
妊娠していなければ黄体期の次に月経期が訪れますが、もし排卵日に精子と卵子が受精して妊娠に至れば、黄体期の後には月経期が来ないので、黄体ホルモンがずっと分泌され続けることになります。

これにより妊娠した時の身体は通常よりも黄体ホルモンの量が増えます。黄体ホルモンの増加は安定期頃まで起こります。
さらに、その後は卵胞ホルモンも増えるので、体内のホルモン濃度は一気に上がり、ホルモンの濃度が上がったことで血液の量も増えます。血液の量が増えると粘膜は柔らかくなるため、ちょっとした刺激で切れてしまい、鼻血が出やすくなります。

血圧が上がり粘膜が充血するから

妊娠後期の鼻血の原因

上記のような理由で血液量が増えているため、血が止まりにくかったり固まりにくかったりします。妊娠すると血圧も高めになるため、粘膜が充血して余計に弱くなるので鼻血が出やすくなります。

歯茎からの出血も同様です。口の中の粘膜も弱くなっており、歯ブラシのちょっとした摩擦で歯茎が切れてしまい出血することがあります。

のぼせるから

ホルモンのバランスが崩れると自律神経が乱れるので、”のぼせ”のような状態になることがあり、鼻血を誘発します。また、のぼせると顔が火照ったり貧血になったりすることもあり、これも自律神経の乱れと関係しています。

妊娠中の鼻血の対策法

いつも通りの止血を

妊娠中の鼻血の対策法

このように、妊娠中の鼻血は生理現象なのでそれほど心配することはなく、いつもの止血方法ですぐに止まるのであれば何の問題もありません。

ちなみに、正しい止血方法は、顔をまっすぐ前に向けて(もしくはやや俯き加減にして)、鼻の上の方をぎゅっとつまむだけです。
5分~10分くらいつまんでおけば血が固まって止まります。
時々、のけ反るように上を向いたり、鼻の穴にティッシュを詰めたりして止血する人がいますが、これは間違いです。頭を低くするのも逆効果なので注意しましょう。

鼻を刺激しない

鼻の粘膜が弱くなっていますので、強く鼻をかんだり、鼻をほじったりしないように気を付けましょう。鼻毛の処理も気を付けて行い、やり過ぎないように注意した方が安全です。

妊娠中の鼻血でお腹の赤ちゃんに影響することはありませんので、安心してください。
ただし、何十分も止まらなかったり出血量が多い時は病院へ連絡しましょう。また、鼻血に加えて吐き気や立ちくらみがある時も自律神経が異常に乱れている可能性があるので、すぐに連絡して医師の指示を仰ぎましょう。

PR