妊婦はトローチを食べても大丈夫? 知りたい!妊娠中の喉の痛み解消法
38,663views

妊婦はトローチを食べても大丈夫? 知りたい!妊娠中の喉の痛み解消法

妊娠中に風邪をひいてしまうと、喉が痛くなることがありますよね。喉がイガイガしているときは、市販のトローチを食べることがあるかもしれません。ただ心配なのは、妊婦はトローチを食べても良いかどうかということ。妊娠中のトローチの服用と、妊娠中の喉の痛みの解消法についてご紹介しましょう。

妊娠中のトローチって大丈夫なの?

妊娠中のトローチ
妊娠中に風邪をひいてしまうと、喉の痛みが出てつらいこともありますよね。市販されている喉の痛みをおさえるトローチは、妊娠中に服用しても大丈夫なのでしょうか?妊婦はトローチを使ってもよいかどうかについてご紹介しましょう。

トローチの種類

薬局やドラッグストアなどで市販されているトローチがありますが、こちらは医師の処方箋がなくても購入をすることができます。市販されているトローチに添付されている説明書をみると、「妊娠中の方の服用は、産婦人科医に相談をしてから」というような記載がされているものが多いです。
産婦人科で処方をされるトローチは、市販されているものとは異なります。喉の痛みがあるときには、SPトローチなどが処方されることがあります。このSPトローチについて詳しくみてみましょう。

処方箋が必要なSPトローチとは?

【SPトローチの効果】

SPトローチは、口や喉の細菌を殺す働きがあり、咽頭炎や口内炎などの感染を予防するために使われます。

【SPトローチの副作用】

SPトローチを服用して、発疹やかゆみが出ることがあります。また、口の中がただれて赤くなったり、舌が黒くなることがあります。これは、薬による過剰症状なので、このような症状が出た場合は服用を中止して、産婦人科医に相談をするようにしましょう。

【SPトローチの注意点】

SPトローチを使うときは、今までに薬を飲んで発疹やかゆみなどのアレルギー症状が出たことがあるという方は、医師に相談をしてから使う必要があります。また、妊娠中や授乳中の方で、他の薬を服用している方も医師の判断が必要です。他に薬を服用している場合、薬の成分によっては、お互いの薬の作用を強めたり、弱めたりする可能性が考えられます。医師から処方されている薬、自分で購入した薬などすべての薬を含めて、産婦人科医に相談をすることが大切です。

妊娠中の喉の痛み解消法

医師から処方されたトローチでも、妊娠中は薬を飲みたくないという妊婦さんもいらっしゃることでしょう。
そんな方は、家にある材料を使って、妊娠中の喉の痛みを解消しましょう!

はちみつ大根で喉の痛みとさよなら♪

妊娠中の喉の痛み解消法

妊娠中も安心して使える、はちみつと大根を使った喉の痛み解消レシピをご紹介します。

【はちみつ大根の材料】

大根 3分の1
はちみつ 大さじ3

【はちみつ大根の作り方】

①大根おろしで、大根をすりおろします。(皮もつけたまますりおろしてOK)
②すりおろした大根を絞った汁とはちみつを混ぜ合わせます。(固形の大根は、そのまま食べてしまいましょう)
③できあがったはちみつ大根を、あたたかいお湯で割って、はちみつ大根湯にして飲みましょう。
紅茶に混ぜてもおいしいです♪

金柑の甘露煮で喉の炎症を抑えよう!

妊娠中の喉の炎症の抑え方

金柑にはビタミンCやビタミンPが多く含まれています。ビタミンはお肌にも良いので、妊娠中も継続して取り入れたい成分です。ビタミンPは、血圧の上昇を抑える働きがあります。

【金柑の甘露煮の材料】

金柑 200g
砂糖 80g
はちみつ 20g

【金柑の甘露煮の作り方】

①金柑のへたをとって縦に切れ目を入れます。
②鍋に金柑を入れ、金柑がつかるくらい水を入れます。
③砂糖とはちみつを入れて強火にし、沸騰したら中火で煮ていきます。
④金柑がやわらかくなったら、そのまま鍋で冷まして出来上がり♪
甘露煮はそのまま食べたり、紅茶にいれたりして食べるとおいしいです!

PR