唾を飲むと喉が痛い、これはキツいです。その対処方法などをまとめました。
4,268views

唾を飲むと喉が痛い、これはキツいです。その対処方法などをまとめました。

唾を飲むと 喉が痛い、なんだか違和感を感じるものから食べるのにも苦労するような引きつる痛みなど色々な症状があります。どういう病気なのか病院に行くべきなのかまずは一読!今痛い喉の痛みの原因や対処方法がわかります。

唾を飲むと 喉が痛い
病院に行く場合はどの科にかかればよいの?

もちろん子供は小児科ですが、大人の場合は風邪や花粉症など原因がはっきりしているものであれば内科やアレルギー科を受診しますが、原因のわからない喉の痛みの場合は基本耳鼻科、または耳鼻咽喉科になります。

喉の病気にはどんなものがあるの?

唾を飲むと 喉が痛いなどと、ここまでくると重症になりますが、そこまで悪化する前に病院に行きたいものですが・・・喉の病気にはどういったものがあるのでしょうか?

急性声帯炎

これはフリーアナウンサーの高橋真麻さんなど芸能人にも疾患されている人は多い病気になります。原因はインフルエンザや風邪などが原因で喉の腫れにより声の出る場所が機能していないのが原因です。こちらも疾患場所によってはかなりの痛みを伴うことがあります。

慢性声帯炎

喉の上の方声門上部が慢性的に炎症を起こして腫れている状態になります。環境の悪いところ慢性的に乾燥している場所に勤務している人、乾燥している機内で仕事を行うキャビンアテンダントや、煙が充満している場所でのお仕事になるパチンコ店のラウンドさんなども疾患しやすいといわれています。漢方薬や、ネブライザーといった薬をを医師の処方により使用することになります。もちろんお酒とタバコは厳禁です。

扁桃炎、これはストレスなどで体の免疫がおちるとウィルスや最近に感染しやすくなり腫れやすくなります。その際、発熱などやダルさなどを伴い、慢性化することがあります。喉付近のリンパ組織の炎症が原因です。

急性喉頭蓋炎

喉頭蓋(喉の上の方)が細菌に感染すると発症します。小さな子供が疾患することが多く、インフルエンザなどと一緒に発症する合併症としてよく知られています。

赤ちゃんなどは喉が塞がれて呼吸困難になったりして危険な状態に陥る場合もあるので、おかしいと思ったらすぐに病院に行きましょう。大人でも悪化するにしたがって呼吸が困難になってきます。そうなる前に病院に行きましょう。
病院では抗生物質やステロイドを投与によって治療を行います。

扁桃周囲膿瘍

扁桃の周囲の腫れが悪化してしまい、唾を飲むと喉が痛い状態になります。激しい痛みを伴い、食事が取れなくて衰弱し悪化してしまいます。そうなる前に病院に行きましょう。

これは効きます

ハチミツ

ハチミツには殺菌作用や炎症を抑える作用が

ハチミツ+生姜…これはハチミツの殺菌作用炎症を抑える作用、それに生姜の体を温めて免疫をUPさせる効能とで相乗効果が期待できます

。使用方法はハチミツの中にスライスした生姜を入れて一晩冷蔵庫に置いておきましょう。それをそのまま舐めても良いのですが,お湯に溶かして飲むのもオススメです。一晩待つことが出来ない場合は、すりおろした生姜にはちみつを加えたものをお湯に溶かして飲むのだけでもOKです。

大根飴

大根飴も

これは昔から言われている方法、おばあちゃんの知恵袋に必ず出てくる喉の痛みを緩和する民間療法の薬です。

大根を短冊切りにして一晩水飴につけたものを飲むことで喉の痛みが緩和します。大根のビタミンCが風邪などの病気の症状にも効いてくれます。水飴をハチミツにするのもオススメです。使った大根も喉が痛くなければおいしく頂けます。

レモン

ハチミツとあわせれば喉にも優しくビタミンCの摂取などにも効果的

レモンを直接そのまま飲んだり食べたりするには、すっぱく、酸が喉を刺激してしまうのでNGなのですが、ハチミツとあわせることで喉にも優しくビタミンCの摂取などにも効果的です。ハチミツレモンは子供も大好きな味なので、喉の痛みを訴える子供にもオススメです。

PR