急に喉が腫れる病気、咽頭炎と扁桃炎の特徴
269views

急に喉が腫れる病気、咽頭炎と扁桃炎の特徴

急に喉が腫れる病気には、「咽頭炎(いんとうえん)」や「扁桃炎(へんとうえん)」があります。咽頭炎は鼻の奥から喉の突き当り付近に起こる炎症、扁桃炎の場合の炎症は喉の奥の両脇となり、炎症の起こる部位が異なります。

咽頭炎という喉の病気

咽頭炎という喉の病気

咽頭炎とは、「咽頭(いんとう)」の部分に起こる炎症ですが、「上咽頭・中咽頭・下咽頭」の部分に分けられます。

上咽頭は鼻の奥の方、中咽頭は喉の突き当り、下咽頭は、食道と気管の入り口の部分になります。咽頭炎には急性のものと慢性のものがありますが、一般的に咽頭炎と呼ばれるのは「中咽頭」や「下咽頭」の場合で、鼻の奥に炎症が起きる上咽頭は、「上咽頭炎」として扱われる場合があります。

咽頭炎にかかる原因ですが、おもなものはウイルスや細菌による感染ですが、上咽頭炎では「副鼻腔炎」などの鼻の病気が原因となる場合があるようです。鼻の病気からきている可能性もあるので、分けて考えた方がいいかもしれません。

咽頭炎の症状

咽頭炎の症状

咽頭炎には、急に喉が腫れる「急性咽頭炎」と「慢性咽頭炎」があります。

喉の痛み以外に、頭痛や発熱、咳が出るなどの風邪によく似た症状が出ます。慢性咽頭炎は咽頭炎が長引くものですが、慢性化する原因には、タバコの吸いすぎやお酒の飲みすぎ、鼻の病気などが重なる場合があります。

また、まぎらわしい病気として「扁桃炎(へんとうえん)」があります。咽頭炎と扁桃炎では、炎症の出る場所に違いがあるようです。どちらも細菌やウイルスが原因で起こり、喉に痛みが出るという点で共通性があります。

咽頭炎の治療法

咽頭炎の治療法

咽頭炎の治療法としては、ウイルス感染の場合は抗生物質の投与、熱が出ている場合は解熱剤や鎮痛剤などが用いられます。慢性咽頭炎となり、症状が長引くとほかの病気が疑われる場合があります。鼻の病気が関係しているかもしれない「上咽頭炎」については鼻の治療が同時に行われます。

咽頭炎にかかると、喉が炎症を起こしていますから、禁酒・禁煙をする必要もあります。カレーや唐辛子などの刺激の強いスパイス入りの料理は避けて、喉に良い食事をしてください。

扁桃炎という喉の病気

扁桃炎という喉の病気

扁桃炎は、喉の奥にある「口蓋垂(こうがいすい)」の両脇にある「口蓋扁桃(こうがいへんとう)」が炎症を起こす病気です。

咽頭炎と同時にかかる場合もありますが、咽頭炎が喉の奥全般の炎症なのに対して、扁桃炎の方が狭い範囲の炎症を指します。扁桃炎だと思っていたら咽頭炎だったということもありえますから、病院で診断を受けてください。

扁桃炎の症状

扁桃炎にも、「急性扁桃炎」と「慢性扁桃炎」があります。急性扁桃炎で出る症状は、細菌やウイルスなどに感染することによって、急に喉が腫れることで痛みと高熱が出ます。

慢性扁桃炎になると、悪い部分を切り取るために手術が行われることがあります。また、扁桃炎ではなく、がんができた場合なども、扁桃炎にかかった部分が切除されることがあるようです。がん細胞はリンパを経由することで広がりやすいため、この部分が炎症を起こすリスクが高いということです。

扁桃炎の治療法

扁桃炎の治療法

扁桃炎はウイルスや細菌の感染による炎症なので、抗生物質を投与したり、発熱を抑える解熱剤、口の中を清潔に保つためのうがい薬などが用いられます。喉の奥に医師が直接薬を塗る場合があり、扁桃炎の治療を苦手とする人も少なくないようです。

喉の痛みがひどくて食事が摂れない場合は、栄養を摂るために静脈注射や点滴治療が行われます。扁桃炎にかかったと思ったら安静にして、喉に負担のかからない栄養のある流動食を摂りましょう。

PR