扁桃腺が痛い原因と対処法 扁桃腺の痛みにおすすめのレシピ
86views

扁桃腺が痛い原因と対処法 扁桃腺の痛みにおすすめのレシピ

扁桃腺が痛いと食べ物がうまく飲み込めないため、食欲が落ちてしまいがちです。食欲が落ちると栄養が十分にとれないため、風邪をひきやすくなり悪循環となってしまいます。扁桃腺が痛いときの対処法や扁桃腺が痛くなる病気などについてご紹介しましょう。

扁桃腺の痛みはなぜ起こる?扁桃腺の痛みの対処法は?

扁桃腺が痛いと、体全体がだるく感じませんか?扁桃腺の痛みをとらなければ、食欲も戻ってきませんよね。扁桃腺が痛む原因や対処法についてご紹介しましょう。

扁桃腺が痛いのは何が原因?

扁桃腺が痛いのは何が原因?

扁桃腺が痛くなるのは、ウイルスや細菌が原因となっています。扁桃腺が腫れる原因となるウイルスには、アデノウイルスやEBウイルス、エンテロウイルスなどがあります。また、扁桃腺の痛みを起こす細菌には、溶連菌や肺炎球菌、インフルエンザ菌などがあります。

扁桃腺が痛いときに出る症状

扁桃腺が痛いときに出る症状

扁桃腺が痛いと他にも様々な症状があらわれます。

・38度以上の高熱
・寒気
・体のだるさ
・頭痛
・関節痛

扁桃腺が痛いと高熱が出ることが多く、それに伴って体のだるさや寒気、頭痛や関節痛などの症状があらわれます。

つらい扁桃腺の痛みの対処法

つらい扁桃腺の痛みの対処法

扁桃腺が痛いのを何とかしたい場合、どのような対処法があるのかをご紹介しましょう。

【こまめにうがいをする】

扁桃腺が痛いときには、口の中をきれいに保つことが大切です。外から帰ってきたときには必ずうがいをするようにしましょう。また、部屋の中にずっと居る場合でも、扁桃腺の痛みを感じた場合は、うがい薬や塩水でのうがいをおすすめします。

【部屋の加湿をする】

部屋が乾燥していると、扁桃腺の痛みが増します。また、ウイルスや細菌は、乾燥している空気を好むため、適度な加湿をすることが大切です。特に冬の乾燥する季節は、加湿器を使って部屋の湿度を保ちましょう。

【からだを温める】

からだが冷えていると、さらに扁桃腺の痛みが悪化し、熱や寒気が続いてしまいます。手首や足首、首周りをあたためることで、からだ全体をあたためましょう。

【睡眠と休息をとる】

睡眠不足で喉の炎症や扁桃腺の腫れを起こすことがあります。しっかりと睡眠時間を確保し、質の良い睡眠をとりましょう。寝る前にはパソコンやテレビなどの機器に触れず、好きな香りのフレグランスやお香を焚いてリラックスして休むことが大切です。

【食事に気をつける】

扁桃腺が痛いと、熱が出たり倦怠感におそわれることが多くなります。しっかりと栄養をとることが大切です。喉が痛いときには、辛いものや刺激のあるものなどを避け、のどにやさしいハチミツやしょうがなどを食べましょう。

扁桃腺の痛みを緩和するおすすめドリンク

扁桃腺の痛みを緩和するおすすめドリンク

扁桃腺が痛いときにおすすめの飲み物・食べ物をご紹介します。

【はちみつジンジャーティー】

①カップにお好きな紅茶のティーバックをいれます。
②薄く切ったしょうがを数枚いれます。
(しょうがはチューブのものでも大丈夫です)
③好みの濃さに紅茶を入れたら、はちみつを最後に加えてできあがりです。
④お好みでミルクを入れて、はちみつジンジャーミルクティーにしてもおいしいですよ。

【はちみつ大根】

①大根の皮をむき、サイコロの形に切ります。
②サイコロ状の大根を瓶に入れ、はちみつを上からかけます。
③1日つけておくと、大根から水分が染み出すので、その水分をティーカップに入れてお好みの濃さを調節して飲みましょう。
④残った大根も喉に良いので、そのまま食べることができます。

PR