本当にツライ!咳が何カ月も続いた時に考えられる症状は?
134views

本当にツライ!咳が何カ月も続いた時に考えられる症状は?

季節の変わり目や風邪を引いた後、咳だけ長引いてしまうという方は意外に多いのではないでしょうか。実は、咳が何カ月も続く場合、気管支炎だけではなく、何か他の病気を患っている可能性もあります。ここでは、咳が何カ月も続いた時に疑われる病気を紹介します。

咳が出るのはなぜ?

感染症が影響して咳がでる!

そもそも咳が続いた時に疑われる代表的な病気は、風邪をはじめとする呼吸器系の感染症です。人間は、気道に入ったウィルスなどの病原体を排除しようとして咳をします。従って、咳は人の防御反応の一つです。

感染症が影響して咳がでる!

刺激物が原因で咳が出る!

咳は、炎症や腫瘍、アレルギー、またトウガラシや薬剤などの化学物質が刺激となり出る場合があります。風邪でもないのに咳が出る時は、このような原因を考えてみても良いかもしれませんね。

刺激物が原因で咳が出る!

咳が出てあまりにも止まらない時は、咳が出る季節や時間帯、痰が一緒に出るのか、鼻水やのどの痛みがあるのか、アレルギーがあるのかなどもしっかりと記録して、原因を見極めると良いでしょう。

咳が長引いた時に考えられる病気は?

咳が出る原因の基本は前述の通りですが、咳が何カ月も続くような場合は、前述の原因以外にも様々な病気の可能性があります。ここからは、咳が長引く場合に考えられる病気について紹介します。

百日咳かも?!

咳の症状が2週間以上続くような患者さんの4分の1は百日咳に感染していることが疑われます。従って病院では、まず、百日咳抗体検査を受けることが多いです。最近の百日咳は、子どもだけでなく大人がかかることが多いようなので注意しましょう。激しい咳や高熱などの症状はあまりないようですが、2週間以上乾いた咳が続く時は受診するようにしましょう。

結核かも?!

咳が数週間以上続き、血液が混じった痰がでて、熱がある場合は、結核の可能性があります。結核は、きちんと治療をすれば治る病気です。しかし、痰の中の結核菌が咳やくしゃみで飛び散り、それを吸い込んでしまうと結核は人にうつります。ただ、結核と診断されても、痰の中に結核菌がない場合は、人を感染させる恐れはありません。

アレルギー症状による咳かも?!

外出した時に、咳が止まらず、目がかゆい、そして呼吸困難などの症状がある場合は、PM2.5の影響があるかもしれません。また、毎年3月~5月にかけて日本へ来る中国からの黄砂の影響も考えられます。そして、もちろん花粉症で咳が出続けることもありますよ。咳、鼻水、くしゃみなども一緒に出たら疑っても良いかもしれませんね。

アレルギー症状による咳かも?!

副鼻腔炎が原因かも?!

咳が長引く場合に最近多いのは、副鼻腔炎の後鼻漏の可能性もあります。これは、鼻の粘膜や分泌物の様子、喉の奥の粘膜などをしっかり調べると分かりますよ。

あまりにも長引く咳は病院を受診しよう!

とんでもない病気が見つかる可能性も!

痰や咳は、誰もが経験する症状ですが、痰や咳が何カ月も続く場合は、一度病院を受診すると良いでしょう。長引く咳は、何か体の中で異常が起こっているサインです。もしかしたら肺がんの初期症状の可能性もありますので、ぜひ病院を受診するようにして下さいね。
長引く咳は病院を受診しよう!

病院を受診すると、様々な検査を行い、原因を突き止めてくれ、それに合った薬を出してくれます。咳が何カ月も続く時は、他にもぜんそくや気管支拡張症など様々な病気が考えられます。

自己判断に頼らずに、医師に判断をまかせた方が早く病気も治るでしょうし、何より気持ちも体も楽になりますよ。

PR