喉のイガイガ、痰がからむのがツライ・・・痰を切る方法や予防策について
247views

喉のイガイガ、痰がからむのがツライ・・・痰を切る方法や予防策について

一度風邪をひくと、なかなか戻らないのが喉。イガイガな状態が続いたり、痰が絡んでなかなかとれなかったりしますよね。これがストレスになってしまいませんか?すごく辛いわけではないけれど、ずっと続く痰は本当に厄介ですよね。早く痰を切る方法や喉を早く回復させる方法について調べました。

そもそも痰はどうして出てくるの?

そもそも痰はどうして出てくるの?

痰とは一体どういったものなのでしょうか。喉の奥に粘度のある異物感がある、咳をすると出てくるなど、痰にもいくつかの種類があるようです。その痰の種類によっても、異なる対策方法もありますし、効果が異なります。喉に違和感があるだけ、熱があるわけではないし、わざわざ会社を休んでまで病院へ行くのも・・・と思いがちですよね。

今回は、そういった不快だけど、多少なら我慢が出来ると軽視しがちな痰について調べてみましょう。

痰とは?

痰とはなんでしょうか。

そもそも痰とはなんでしょうか。

喉には、肺や胃へ異物や細菌などが入り込まないようにしている役割があります。ウィルスが口の中へ入ってきた時に、そのまま肺や気管支に入り込まないために、常在菌などが入りこむのを阻止します。そして、私達の免疫システムで入りこむことが出来なかった菌などや異物を、分泌物や常在菌が覆ってまとまって出来たのが痰です。

ですから、菌や異物などを体の外へ出そうとして、人間は痰を出す行為をするのです。

痰にも種類があります

痰にも色々と種類があります。粘度が強いもの、サラサラと水のようなもの、また、ずっと違和感があるように残っている痰や、本人が自覚していない軽い痰などもあります。粘度や色、痰が絡んでいる場所によって、その症状は異なり、粘度が高いものほど細菌やウィルスなどの影響があります。

一方で、血液が混ざっているようなものだと、肺炎や肺がんなどの肺の病気である可能性もあります。

鼻と繋がっているような痰であれば、副鼻腔炎のように鼻の不調の可能性があります。

早く不快な痰を切りたい!

痰は、一度絡み始めると、なかなかとれません。また、本人が違和感、不快感を感じているので、常に痰を切るようにするため、静かな場所などでは目立ってしまいます。ですから、早く痰を切る方法を調べてみました。

水分を多く摂るように心掛けよう!

水分を多く摂るように心掛けよう!

痰が絡む場合には、その痰が粘度が強いからです。ですから、水分を多く摂取することによって、その痰自体が粘度が低くなり、痰が切れやすくなります。粘度が高い場合には、喉などに炎症を起こしている可能性も多く、その原因が乾燥である場合もあります。ですから、常に喉を潤した状態にしてあげましょう。

刺激物を避ける

刺激物を避ける

喉の調子がよくないために痰が発生しているのですから、喉に対して刺激のあるものは出来る限り避けるようにしましょう。唐辛子やスパイス系の食べ物はもちろん、炭酸の飲み物なども喉に刺激を与えるため、早くに痰を切りたい場合には避けた方が無難です。もちろん、タバコを吸っている人は、タバコを吸わないようにすることも大切です。

加湿を心掛ける

喉の調子を良くするためには、とにかく加湿!これに限ります。寒い時期になれば、乾燥も酷くなりますので、加湿をすることでウィルスの侵入を防ぐこともできますし、喉の免疫力も高まります。

痰を切る薬を服用する

病院へ行く時間はなくても、ドラッグストアなどへ行く時間はあるのではないでしょうか。そういう時は、痰切り用の薬を服用するという手もあります。お薬を服用すれば、それだけ回復も早いですから、喉に負担も軽くなります。

病院へ相談を

病院へ相談を

痰が出来る原因をきちんと探るということも大切です。もしも、肺の病気であれば、早期発見、早期治療することで回復できる時間も変わってきます。辛いようであれば、一度受診することも検討する必要があるでしょう。

PR