咽頭がんの治療とがんにならないための日常生活での予防
230views

咽頭がんの治療とがんにならないための日常生活での予防

がんの中には、喉のがんと呼ばれている咽頭がんがあります。この咽頭がんの治療については発症した部位により異なりますが、このがんの治療と日常生活で発症しないようにする予防について紹介していきます。種類や原因そして治療方法と予防まで、咽頭がんを紹介します。

がんの症状の1つ咽頭がんについて

がんの症状の1つ咽頭がんについて

人が発症してしまうがんの症状の中に、喉の咽頭に現れるがんがあります。この咽頭がんついては、発症してしまう部位の違いにより男女の比率が異なりますが、咽頭がんとしてひとくくりで見てみると男女とも同じように発症するがんの1つだといえます。

日常生活の中に発症する原因が多く含まれているこちらのがんは、発症する部位により治療方法が異なるがんになります。がんの症状の中でこの咽頭がんに関しては、全てのがんの総数の5%以上占めるがんですが、全体的に見れば低い症状になります。そのため、がんの発症割合が大きいものに比べて、軽視しがちです。

また、年齢についても高齢者の人が多く発症するがんになっているため、同じ喉頭がんでも部位によっては早期発見も少ないこともあり、5年生存率が低いです。

咽頭がんの部位による初期症状の違い

咽頭がんの部位による初期症状の違い

咽頭がんは、症状が現れてから発見されるのが遅くなることが多いがんになります。発見されるのが転移した後ということが多くあり、頚部リンパ節に早い段階で転移しやすいがんです。

そのため、のどの変調がある時には早めに受診する必要があります。咽頭がんは、上咽頭がん、中咽頭がんそして下咽頭がんの部位に分けることができます。

咽頭

上咽頭がんは、男性が発症しやすいもので、がんの腫瘍が、体の細胞の表面に膨らまずに深部に向かって増殖していくがんになるため、初期では自覚症状が出ない特徴があります。
進行すると、上咽頭が鼻と耳につながっている関係で鼻づまりや耳鳴りの症状が現れることがあります。
特に中耳炎の症状については、こちらのがんの症状と間違えて手遅れになる場合があります。

中咽頭がんは、のどの中咽頭の部分に発症するもので、初期の症状では、のどの痛みがある場合や、飲食をした時に痛みが発症する場合があります。
こちらの中咽頭がんについても、治療を受けないまま放置して気がついた時には進行している場合が多くあります。また、こちらのがんも男性に多く見られるものになります。

下咽頭がんについては、咽頭食道部の接合している部分に発症するもので、こちらのがんについては男性よりも女性の方が発症する傾向が多く見られます。
初期症状としては、喉がつかえるような感じや飲食時にのどに違和感が現れます。発症してから周辺に広がりやすい特徴があります。
しかし、早期発見が難しい場合が多いので頸部リンパ節への転移があってから初めて発見されることがあります。

咽頭がんの治療方法や検査方法!

病院

咽頭がんの検査については、口を開けて鏡で見る場合には扁桃腺や喉ちんこを見ることで家でもチェックすることは可能です。
しかし、目視できるのは中咽頭の1部までなので、咽頭全体を詳しく検査するためには、ファイバースコープによる検査や病理検査を行う必要があります。咽頭がんの治療については部位によって治療の仕方が異なります。

喉の検査

鼻の奥に症状がある上咽頭のがんの場合には、抗がん剤と放射線による治療が最適な治療方法と言われています。
この情報の治療を組み合わせた化学放射線治療を行うのがこちらのがんの一般的な治療方法になります。数ヶ月かけて放射線治療を行うとともに抗がん剤を服用して治療を続けることになります。
しかし、上咽頭がんは、転移しやすいがんになります。転移があるかないかにより治療後の予後が大きく異なることになります。

中咽頭のがんは、扁桃腺、喉ちんこや舌ベラの奥にできるがんになります。
こちらの中咽頭のがんの治療では化学放射線治療または手術を行う方法になります。最近では化学放射線治療を選択する病院が増えています。
早期発見により見つかる場合があり、早期のがんでは口の中の手術を行うことで摘出する方法を採用することがあります。

下咽頭のがんは、喉仏の骨の周辺にできるがんになり、発症してから気がつかないことが多く、病院に受診するときには進行しているがんになります。
放射線や抗がん剤でも有効ですが、早期発見の場合には化学放射線療法を採用しており進行している場合には手術を行うのが一般的な治療方法になります。

咽頭がんの予防方法

喫煙については発がんとの関係がはっきりしている

咽頭がんの発生の原因については、現在でも十分に解明されていません。しかし、喫煙や飲酒との因果関係が指摘されており、特に喫煙については発がんとの関係がはっきりしているため、禁煙することは大変重要な予防方法といえます。

下咽頭のがんについて女性が多く発症する原因としては、鉄分不足により発症すると言われているため、鉄分不足を補う必要があります。

その他で咽頭がんの予防としては食生活を変えるのが有効です。がんを抑える作用のある豆腐や納豆などの大豆食品や野菜、そしてビタミンを多く摂取することが予防につながります。

PR