風邪で窒息することもある!?喉が急激に腫れてしまう急性喉頭蓋炎
358views

風邪で窒息することもある!?喉が急激に腫れてしまう急性喉頭蓋炎

風邪で窒息することにもなりかねない危険な病気が、「急性喉頭蓋炎(きゅうせいこうとうがいえん)」です。初期症状は発熱や喉の痛み、やがてぜん息のような症状が出て呼吸困難に陥り、窒息するおそれもあります。

窒息するおそれのある「急性喉頭蓋炎」

窒息するおそれのある「急性喉頭蓋炎」

急性喉頭蓋炎は、気道にある「喉頭蓋(こうとうがい)」という部分が腫れて、症状がひどい場合は窒息することもあるという病気です。

原因は細菌やウイルスによるもので、初期症状は風邪のような発熱や喉の痛みだけですが、そのうちにぜん息のような症状が出て呼吸困難に陥り、最悪の場合では窒息することもあります。

後から病院に行こうなどと思っていると、手遅れになる場合があるようです。急性喉頭蓋炎の検査には、「間接喉頭鏡検査」や「喉頭ファイバースコープ検査」があります。これらの検査で喉頭蓋が腫れている状態を確認できます。喉頭蓋の腫れがひどい場合は、声帯が見られず、気道が狭くなっているのがわかります。

急性喉頭蓋炎の症状

急性喉頭蓋炎の大きな症状は喉の痛みで、食べ物を食べる時だけでなく、飲み物を飲む時やつばを飲み込むだけでも痛いことがあります。特に、喫煙者は喉の粘膜が弱いため、急性喉頭蓋炎の原因となっている細菌やウイルスに感染しやすくなります。

この病気は通常の風邪のように高熱が出たり、鼻水が出るというようなことはなく、咳だけがひどくなります。それはぜん息のような咳なので、そのような症状が出たら急性喉頭蓋炎と考えてよいでしょう。喉の炎症を抑えるために、病院に行き診断を受けてください。急性喉頭蓋炎は、子供が感染する病気だと思われていますが、大人も感染します。

耳鼻咽喉科で診察

呼吸困難に陥った場合は、すぐに救急車を

急性喉頭蓋炎は急を要しますから、呼吸困難に陥った場合は、すぐに救急車を呼んでください。

喉の腫れだけですんでいる場合は、息苦しくはなりますが、抗生剤やステルスホルモン剤などを使って喉の腫れを抑える治療を行います。急性喉頭蓋炎にかかったら窒息しないように、気道を確保することが大切です。窒息のおそれがある場合には、口から肺へとチューブを通したり、喉に穴をあけてチューブを差し込むこともありえます。

急性喉頭蓋炎という病気は、喉に痛みが出てから呼吸困難に陥るまでが早いので、ほとんどの場合、病院に入院して点滴などの治療が行われます。

急性喉頭蓋炎で入院

急性喉頭蓋炎で入院

耳鼻咽喉科に入院後は、気道切開術が行われ、気道にチューブを差し込んで空気を送ります。口から食べたり飲んだりできないために、栄養については点滴治療なども行われます。入院する期間は1週間程度ですが個人差があり、薬を飲むのをやめたとたんに、喉に腫れが戻るような場合もあるようです。

普段タバコを吸っている人もそうですが、喉が弱く扁桃腺が腫れやすい人なども、急性喉頭蓋炎にかかると入院が長引いてしまう可能性がありそうです。

急性喉頭蓋炎を予防するには

急性喉頭蓋炎は、かかってしまったら窒息までの時間が短いため、予防することが大切です。症状が出たのが土・日とか祝日だった場合は、救急車を呼ぶしかありません。

急性喉頭蓋炎の原因は、細菌やウイルスによるものが多いので、風邪やインフルエンザと同様に、手洗いやうがいなどで防ぐことができます。電車やバスなどの交通機関を利用する場合に、感染しやすくなりますから、マスクをして乗るようにしてください。

体力が弱って免疫力が落ちている場合などは、この病気にかかりやすくなりますから気をつけましょう。あとは、よく眠って栄養のある食事を取ることです。

PR