風邪・・!?いいえ、その喉の痛みは酒のせいかもしれませんよ!!
36,848views

風邪・・!?いいえ、その喉の痛みは酒のせいかもしれませんよ!!

飲み会のあとや、飲み会の次の日などに喉が痛くなることはありませんか?ただの風邪かと思ってそのままにしていたりする方も多いかもしれませんが、その喉の痛みは酒やけによるものかもしれません・・!お酒が原因の喉の痛みの原因や、対処法についてまとめました!

喉の痛みは酒のせいだった!?

飲み会の次の日、朝から声が出ない、ガラガラの声になる、喉が痛くなるという症状に襲われたことはありませんか?きっとお酒の飲みすぎで喉にダメージを与えてしまったのかも・・!お酒が原因で引き起こされる喉の痛みについてまとめます!

アルコールは喉を傷つけます!

アルコールはのどに良くない

誰もがアルコール度数の高いお酒を飲んだ時喉がカーッと熱くなるような、焼けるような感覚を経験したことがあると思います。

これは気のせいではなく、実際に喉の粘膜がお酒に含まれるアルコールによって傷つけられているために感じるものです。あまりにも度数の高いお酒は体にも喉にもよくないのでロックで飲むのではなく水割りなどで飲むようにすると喉へのダメージも最低限に抑えることができます。

また、次の日になって喉が痛くなってしまうのは、お酒を飲んだことによって喉が夜に乾燥するために引き起こされてしまうことがあります。お酒を飲むと普段よりも多くの水分を消費することになるのでこまめに水分補給をするようにしましょう!

酒やけがもたらすものとは・・

喉が痛くなってしまい声が出づらくなってしまう場合はいわゆる酒やけ状態になっていることが考えられます。ハスキーボイスになり、大きな声を出すことが難しくなります。声を使ったお仕事をしている方や、大事なプレゼンの前などにお酒を飲むときには十分に注意が必要です。

また、酒やけは喉だけでなく肌にも起こります。お酒を飲みすぎて肌が赤くなったまま戻らなかったり、ニキビや皮膚炎などの肌荒れを引き起こすこともあります。女性の方はお酒を飲む前と飲んだ後にきちんとケアをするようにしましょう!

喉が痛くなってしまったらどうしたら良い?

喉にやさしい食べ物・飲み物で対処しよう!

ねぎはのどによい

昔から喉によいとされているのはネギ!昔の風邪の治し方でもネギを焼いて喉にまくという方法が定番の方法としてよく使われていました。ネギの白い部分に含まれるネギオールという成分が喉によいとされているので白い部分を中心にスープやお鍋などにして食べるのがオススメです。

また、女性に大人気なのははちみつです。はちみつが含まれているのど飴などもよく売られていますよね。はちみつは喉の炎症を抑えてくれる働きがあるので飲み物に溶かして飲んだり、直接なめたりするのが効果的です!

喉に負担になることはやめよう!

マスクはのどを乾燥から守る

喉が痛い間はとにかく喉に負担になることをやめることが大切です!
喉に大敵なのが乾燥と大声を出すこと。乾燥は本当に喉に大きなダメージを与えてしまいます。

こまめに水分補給をすることを心がけたり、加湿器を部屋に置く、マスクをするなどして喉を乾燥から守ってあげることが大切です!

大きな声を出すこともできるだけ避けましょう。筆談にしてみたり、電話ではなくメールでのやり取りにしてみたり、先生などの場合はマイクなどを使って喉の負担を小さくするのがオススメです。

また、意外と冷房などによって喉が冷えると痛みがひどくなってしまうことがあるので、夏でもしっかりとした冷え対策を行うことをお勧めします!

自分の体調管理を含めてお酒の飲み方を心がけよう!

お酒は自己管理して飲みましょう

大人になったらすべて自分の責任になってしまいます。飲み会で楽しむことも大切ですが、次の日の予定のことを考えてお酒の量を調節したりすることが大切です。

体調が悪くなってしまうと、周りの人に迷惑をかけてしまいます。街中で泥酔した大人の姿というのはとてもみっともないものです。自分で自分自身をコントロールできる範囲で楽しくお酒を飲むことを意識してみてくださいね!

PR