妊娠中期の喉の違和感はなぜ起こる?妊娠中の体の変化について!
18,164views

妊娠中期の喉の違和感はなぜ起こる?妊娠中の体の変化について!

妊娠中期の喉の違和感は何が原因なんでしょうか?妊娠中期に入り、喉になんとなく違和感を覚える人もいます。このような症状を感じる人は決して多くないため、自分だけなのでは?と不安に思ってしまう妊婦さんもいるようです。そんな喉の違和感の原因をまとめました。

妊娠中期の喉の違和感

妊娠中に喉の違和感がある

妊娠中におこる喉の違和感はなに

妊娠すると、女性の体内では様々な変化が起こります。それに伴い、様々なトラブルを経験する妊婦さんも多いようです。そんな妊娠中のトラブルの1つが、喉の違和感です。喉が痛い・イガイガする・詰まっているなどの違和感を経験する人もいます。

不快な喉の違和感を何とか改善したくて無理に出そうとしても、なかなか改善されずに悩んでいる人も多いようです。このような喉の違和感は、病院で検査しても原因が見つからないことも多いようです。

喉の違和感は風邪かもしれません

喉の違和感の原因は風邪かも

喉が痛い、イガイガする場合は風邪をひいていることも考えられます。喉の違和感がある時には、他にも風邪の症状がないかをチェックしてみましょう。
妊娠中は免疫力が低下しているため、通常よりも風邪をひきやすくなります。特に季節の変わり目は風邪で喉に違和感を覚えることも多いので注意したいですね。

風邪による喉の違和感の場合は、うがいをこまめに行うことをおすすめします。ただし、妊娠中はうがい薬の使用は念のため控えるべきです。妊娠中にうがいをするのであれば、薄めた塩水や緑茶がおすすめです。殺菌作用もあるため、風邪の予防にも効果的です。

喉の違和感の原因

喉つわり

妊娠中期の喉の違和感の原因として考えられるのが、喉つわりです。妊娠すると、多くの人が辛いつわりを経験します。
吐きつわりや食べつわり、臭いつわりなどつわりにもいくつか種類がありますが、喉つわりもつわりの一種と言えます。喉つわりは経験する人が少ないためあまり知られていませんが、喉に違和感が表れるつわりです。

喉つわりの症状は、喉に何かが詰まっている・異物感がある・締めつけられる・喉の腫れなどがあります。中には喉つわりが睡眠の邪魔をすることもあります。喉の違和感を改善しようと無理にせき込んだり吐こうとすることでつわりの症状が悪化してしまう恐れもあります。

つわり=妊娠初期のイメージがありますが、つわりが治まる時期は人によって様々です。安定期頃にはつわりがすっかり治まる人もいれば、妊娠後期までつわりが続く人もいるのです。このようなことから、妊娠中期の喉の違和感はつわりが原因となっていることも十分考えられます。

ヒステリー球

妊娠中期の喉の違和感はヒステリー球が原因かもしれません。ヒステリー球という言葉はあまり馴染みがありませんが、喉に違和感があるのが代表的な症状です。また、検査を受けても異常が見つからないのが特徴です。

ヒステリー球の主な原因はストレスです。妊娠中はストレスに敏感になりやすく、ストレスが溜まりやすい状態です。そのため、妊娠中にヒステリー球が原因で喉の違和感を訴える人が少なくないのです。

喉の渇き

喉の渇きのせいで違和感を感じるのかも

喉の渇きも喉の違和感に繋がります。妊娠中は体内で多くの水分を必要とすることから、通常よりも水分補給をする必要があります。しかし、水分補給を十分に行わないと喉の渇きによって違和感が表れてしまうことがあります。

前述したように妊娠中の水分補給は欠かせません。ただし、妊娠中は控えるべき飲み物もあるため注意が必要です。例えば、カフェインが含まれたお茶やコーヒーは飲みすぎに注意しましょう。
また、アルコール類は胎児に悪影響を与えるため絶対に控えなければなりません。妊娠中の喉の渇きは、お水やノンカフェインのお茶などで潤しましょう。

PR