歯槽膿漏の原因と予防方法を知ろう!その生活習慣大丈夫?
80views

歯槽膿漏の原因と予防方法を知ろう!その生活習慣大丈夫?

虫歯がないから自分の歯は大丈夫だと思っていませんか? 歯周病は、進行の段階によって歯肉炎、歯周炎、そして最も進行してしまうと歯槽膿漏と分けられます。 歯槽膿漏の原因と予防について見ていくと決して人ごとではないことが分かっていただけると思います。

歯槽膿漏(しそうのうろう)とは、「歯周病」のうちでもっとも症状が進行してしまっている段階で、歯肉から出血したり、膿みが出る、口臭がする、歯がぐらぐらする、最悪の場合には歯が抜け落ちてしまう可能性もあります。

そんな、歯槽膿漏の原因と予防について見ていきましょう。

歯槽膿漏の原因と予防方法を知ろう!

あなたにも関係あります

そもそも歯槽膿漏なんて関係ないと思っていませんか?実はおどろくべきことに、日本人の30歳以上の約80%に歯周病があると言われていることをご存知ですか?

歯に対する意識は向上して、虫歯の子どもは減っているなんてニュースもありましたが、それとは逆に小中学校の歯科健診で歯周病と診断される子どもが増えているそうで、正直驚きです。もはや、歯周病は日本の国民病とも言われているのです。

女性の節目として見ても、特に妊娠時はホルモンの影響で炎症が起こりやすくなっていると言われ、閉経前後にも歯周病リスクは高まります。

プラークの除去で予防できる

そもそも歯周病の原因はCMでおなじみのプラーク(歯垢)です。

プラークとは、白や黄色がかった白の付着物で、たくさんの細菌や細菌により作りだされたものです。最近の研究によると、全身の病気と歯周病との間には関連性が報告されており、例えば糖尿病、呼吸器系疾患、心疾患、早産などがありますが、特に糖尿病との関連は深いと言われています。

重症の歯周病になると、血液や呼吸器内に入り込み病気を引き起こす要因にもなり得るということを頭に入れておきましょう。だからこそ、遺伝性など特殊なケースを除き、この原因となるプラークを歯みがきや定期的な歯科検診で取り除いていく予防が大切なのです。歯周病は痛みがでるまで自覚症状がないこも多く、自然には治らないのでそのままにすれば悪化します。

プラークの除去で予防できる

生活習慣も歯周病に影響する?

毎日しっかりと歯を磨き、一日に一回は時間をかけ、ていねいに歯と歯茎を磨きあげ、フロスや歯間ブラシも合わせて使って汚れを徹底的に落としましょう。

しかしながら一生懸命歯みがきしても歯周病にかかってしまうことがあります。磨き方にはその人の癖があり、歯と歯の間、歯と歯肉の境目が不十分なことが多いものです。そう言った意味で定期的な歯科医受診が効果がある意味がおわかりいただけますでしょうか?

また、歯周病を悪化させてしまう生活習慣というのもあります。喫煙やストレス、不規則な生活はだ液の分泌などに関連して、歯周病リスクを高めます。お酒好きなあなたも、お酒を飲んでそのまま寝るなんてこと…。甘いものを控え、食事は栄養バランスを考えて、よく噛んで食べることも大切です。

生活習慣も歯周病に影響する?

こんな人は要注意!

「口呼吸」の人は注意が必要です。口の中が乾いているのでプラークが溜まりやすい環境になっています。唾液が少ないせいで、口の中の細菌が活発に活動しています。口を閉じて、鼻で呼吸をすることを意識しましょう。

子育て中の方も要注意!親に歯周病がある場合にはだ液の中にも歯周病菌が含まれていることがあります。箸やスプーンを共有して食事をするなど接触感染はなるべく避けたいものですね。

しかしながら歯周病の原因はプラークなので、なにより歯みがきが大切です。特に、ひとりで歯みがきできるようになってきた時期は、親が仕上げ磨きをさぼりがちなので要注意ですよ。

こんな人は要注意!

塩は歯槽膿漏に効くのか?

ちなみに、歯槽膿漏には塩を使って歯肉をマッサージするのが良いと聞いたことがあるかもしれませんが、歯周病の予防にはなりません。

少しは殺菌や唾液の分泌に効果はありますが、塩により水分が吸収されて歯肉が引き締まった感じがするだけで、弱った歯肉を帰って痛めてしまうこともありますので気をつけましょう。

歯みがきと、定期的な歯科検診に加え、ちょっとした生活習慣の見直しで歯周病にならないようにしたいものですね!

PR