いったい何?歯茎の腫れる病気を放置すると歯を失うことになるかも!
57views

いったい何?歯茎の腫れる病気を放置すると歯を失うことになるかも!

歯茎の腫れる病気と聞くと歯周病かな?と考えますよね。もちろん歯周病の可能性も多いにありますが、他にも原因があるかもしれません!ちょっとだけだしといって放っておくと大切は歯を失うことだってあり得るんですよ!ではいったいどんなものがあるのでしょうか?チェックしてみましょう

歯茎が腫れると食べるときに痛みがあったり、歯磨きをしているときに出血があったりと日々の生活にストレスを感じやすくなったりしますよね。でも腫れぐらいだからといって治療などをせず放置してしまってはいませんか?

その放置が後々大変なことになってしまうかもしれませんよ。

歯茎の腫れる病気ってどんなものがあるの?

歯茎の腫れる病気ってどんなものがあるの?

歯周病による歯茎の腫れ

一番多く考えられるのが歯周病による歯茎の腫れです。

これは日々の歯の磨き方などが原因を占めていると言われています。しっかりと歯磨きをしていると思っていてもその仕方が間違っていたとしたら?!?!そう、知らず知らずのうちに歯には歯垢が溜まり、そこで細菌が大増殖!

これが原因で歯茎の腫れを引き起こしていると考えられます。なので、ぜひとも自分自身の歯磨きの仕方を見直す必要があります。一度歯科医院を受診し、自分の歯磨きで何がおかしいのか、足りないのかなどを確認しに行くことをオススメします。

歯周病による歯茎の腫れ

https://www.flickr.com/photos/sunnyviewdental/11042914985/

誤って細菌が治療中の歯に入ってしまった

誤って細菌が治療中の歯に入ってしまった

残念ながら歯茎とかぶせモノの間に細菌が入ってしまうことも。その部分の細菌が増殖してしまうことで歯茎が腫れてしまうことになるんだとか。治療で神経を抜いてしまっている場合だと腫れや痛みに気づかないときもあるので、治療後は鏡などでチェックすることが必要ですね。

病気ではありませんが、親知らずが生えている場合も注意が必要です。どうしても生えている場所が奥になってしまっていることから歯磨きをすることが難しい場所になってきてしまします。そうするとどうしても磨き残しが多くなりがち。そこで食べカスなどで細菌が増殖、歯茎が腫れてしまうということも。

他にも仕事などの疲れで疲労がたまってしまうと歯茎が腫れやすくなったり、過度の飲酒によっても歯茎が腫れてしまうことも。もし思い当たるような生活をしているときはしっかりと身体を休め、睡眠をしっかりとり、飲酒も控えめにするなどといった生活習慣の見直しをすることをオススメします。

歯茎が腫れてしまったときはどうしたらいいの?

歯磨きをしっかりして口腔ケアを行う!

歯磨きをしっかりして口腔ケアを行う!

歯磨きや歯間ブラシなどで口の中を清潔にしていってください。

歯垢や歯石などが原因で細菌が増えてしまっていることによる歯茎の腫れの場合はほとんどが口腔ケアで状態は改善するそうです。歯磨きをしっかりしないと!といって力いっぱいするのはNG。

腫れてしまっている歯茎などで普段より傷つきやすくなっています。なのでいつもより優しく歯磨きをし口の中を綺麗にしていきましょう!口の中をゆすぐマウスウォッシュなども効果的!刺激が強すぎると痛みを伴うこともあるので、低刺激のものを利用する方がいいですよ。

低刺激のものを利用する方がいいですよ

痛みが強い時は鎮痛剤を飲もう!

一番いいのは歯科医院で診てもらうことですが、どうしてもいけないこともありますよね。

そういったときは鎮痛剤を飲むことをオススメします。今は病院と同じ成分が含まれている「ロキソニン」も購入がしやすくなりました。こういったものを利用して、身体を楽にしてあげることも必要ですよ。でもあくまでも応急処置的なものなので、早めに歯科医院を受診しましょう!

痛みが強い時は鎮痛剤を飲もう!

他にも冷えピタなどを使い冷やすといった方法がありますが、あくまでも応急処置になるので、重症化する前に歯科医の受診をするようにしましょう!

PR