舌に口内炎ができると、ご飯が食べづらくなり、けっこう痛い!これってなんとかならないものなの?
93views

舌に口内炎ができると、ご飯が食べづらくなり、けっこう痛い!これってなんとかならないものなの?

舌に口内炎ができたら、耳鼻咽喉科を受診しましょう。自然治癒は時間がかかります。最近ではレーザーで焼きとる方法もあります。また回復を早めるためにビタミンB2を積極的に取ると、口内炎を早く治すことができます。

舌に口内炎ができる原因とは?

舌にも口内炎ができます

舌に口内炎ができる原因として、ストレスや疲労などの免疫力が低下して潰瘍ができることにあります。潰瘍に菌が入り炎症を起こすと、口内炎として痛みを伴います。また歯で舌をかんだときや、熱い食べ物や飲み物を食べたり飲んだりしたときにも出来ます。

舌に口内炎はこんなときになりやすい!

風邪をひいているとき疲れているときに口内炎になりやすい

風邪を引いていて口呼吸になっていると、口の中が乾燥して舌に口内炎ができやすくなります。また残業が続いているときや、疲れているときなども、身体の免疫力が低下しているため、舌に口内炎ができやすくなってしまいます。
また普段のはみがきを丁寧に行っていないと、口の中の環境が不潔になってしまうため、口内炎ができることもあります。スナック菓子を食べ過ぎると、舌を傷つけたり、塩分の取り過ぎによって口内炎がさらにできやすくなってしまいます。

白い苔のようなものが生える口内炎!

カンジタ性口内炎になると、舌に白い苔のようなものがこびりつきます。病院を受診しましょう。

口内炎の種類

口内炎の種類には、アフタ性口内炎やカルタ性口内炎、ヘルペス性口内炎などがあります。早く治すためには、病院に行くのが一番です。舌に出来た口内炎の場合は、なかなか自然治癒を待っても、治りが遅い場合があります。病院の場合だと、抗生物質やビタミン剤などを処方してくれるため、身体の内側から治すことができます。

うがい薬を使うと消毒が出来る!

舌に口内炎ができると、なかなか治らないのでとてもやっかいです。少しでも早く治したいと思うのであれば、うがい薬を使って口の中を清潔に保ちましょう。口の中の雑菌を消毒してくれる効果もあるので、口内炎の治りも早いです。

何科を受診すればいいの?

 

耳鼻咽喉科を受診しましょう。舌にステロイド剤入りの軟膏を処方してくれます。カンジタ口内炎やヘルペス性口内炎の場合は、抗菌剤が処方されます。レーザー治療を行う病院もあるので、レーザーで治療したい場合は、あらかじめ電話でレーザー治療を行っているかどうか確かめておくとよいでしょう。

口内炎を早く治すにはビタミンB2の力を借りよう

口内炎を治すにはビタミンB2が有効です

舌に口内炎ができると、かなり痛いので、日常生活が辛く感じます。少しでも早く治したいのであれば、ビタミンB2を積極的に摂取することをおすすめします。実はビタミンB2は、口の中の粘膜の再生化を助けてくれる働きがあるため、口内炎を少しでも早く治すことができるのです。うなぎやたらこ、豚肉、卵、牛乳、納豆などに多く含まれています。口内炎が出来ている期間のみビタミンB2のサプリメントを摂取するのもよいですね。
ただ、ビタミンB2はお酒を飲んだり、ストレスが多いと身体の中で消費されやすいため、普段仕事などでストレスを感じている方は、普段から積極的に摂取しておくと、口内炎予防をすることができますよ。

感染性の口内炎は家族にうつさないようにしましょう

ヘルペスウィルス性の口内炎の場合は、家族にうつさないようにしましょう。特に乳幼児がいる場合には、スキンシップによって知らず知らずのうちに感染してしまうことがあるので、注意が必要です。タオルや洗顔用品、食器などは家族とは別に使用しましょう。

PR