歯の噛み合せが悪いと虫歯になりやすく健康状態も悪くなります
29views

歯の噛み合せが悪いと虫歯になりやすく健康状態も悪くなります

歯の噛み合せが悪いと健康状態が悪くなり、毎日快適に過ごすことができません。唾液がうまく口の中で潤滑しないため、虫歯になりやすくなります。歯の噛み合わせが悪い場合には、歯医者で歯の高さを揃えることも出来ます。噛み合わせも歯並びが悪い場合は歯の矯正も考えてみましょう。

歯の噛み合せが悪いと健康状態も悪化します

身体のどこかに不調なところはありませんか?

身体のどこかに不調なところはありませんか?

歯の噛み合せが悪いと体調も悪くなります。

えっ?そんな馬鹿なと思う方もいるかもしれませんね。でもこれは事実なのです。歯の噛み合せが悪いと、頭や顎、首、首の下にある脊髄など、バランスを崩してしまい、身体全体がなんとなく不調でやる気もでなくなってしまうのです。

歯の噛み合せぐらいでオーバーだと思うかもしれませんが、人間の頭の重みはかなり負担がかかります。歯の噛み合せのバランスがよければ、思い頭をバランスよく支えることができます。

反対に歯の噛み合せが悪いと、バランスを崩してしまうため、首や肩が酷くこったり、耳鳴りやめまい、顎関節症になってしまうのです。

歯のかみ合わせは年齢とともにかわります。

歯のかみ合わせは年齢とともにかわります。

歯の噛み合せは年齢とともに変わることをご存じでしょうか。

歯並びは若い時からずっと同じ位置にあるわけではありません。歯は力が加わると動いていきます。たとえば歯を食いしばったり、ストレスを感じた時に、奥歯の片方だけに強い力を加えたり、頬づえをついたりするなど、一方的な力を加えることによって、歯が動き、歯並びがずれてくることもあります。

また親知らずや奥歯を抜歯したときも、抜歯された歯の場所に隙間ができることによって歯が動くのです。この歯の動きによって歯の噛み合せが悪い状態へなっていくのです。

噛み合せを治すにはどうしたらいいの?

噛み合せを治すにはどうしたらいいの?

歯の噛み合せが悪い場合には、歯医者で歯の高さを合わせてもらうことによって噛み合せがよくなります。

高さを合わせるのには、数分ほどしかかかりません。もともと歯並びが悪くて噛み合せが悪い場合には、歯の矯正をするのもよいでしょう。また額関節症の場合も噛み合わせがずれることによって、痛みが伴います。その場合も歯医者で治してもらうことができます。

歯ぎしりが多い人はストレス対策を!

歯ぎしりが多い人はストレス対策を!

寝ている間に歯ぎしりが止まらない方は、ストレスが原因ということもあります。

ストレスをなくすことによって歯ぎしりが止まるケースもあります。なかなか歯ぎしりが治らない方は、歯医者さんに相談してみましょう。寝る時だけ使用するマウスピースを歯にかぶせて眠ると、歯ぎしりを防ぐことができます。

また枕の高さを低くすると、歯を食いしばる力が分散されるため、歯ぎしりをしなくなります。顎や首にかかる負担も少なくなります。

歯周病のリスクが高くなるので定期健診を

歯の噛み合わせだけではなく、歯並びも悪いと、どうしても磨き残しが出来てしまい、歯にプラークが付きやすくなります。歯周病に早くなりやすくなるため、こまめに歯医者に通い、定期的に歯の歯垢を取ってもらうようにしましょう。

歯の噛み合わせを治すにはガムを食べると改善される

一日30分ほどがガムを噛むようにすると、噛み合わせを正すことができます。ガムを噛むときのポイントは、同じ場所だけを噛むのではなく、前歯、右側の歯、左側の歯、奥歯などと口の中で一周させるようにしてかけるのがポイントです。

最後に舌回しエクササイズを

舌回しエクササイズを行って、歯の噛み合わせを治しましょう。

やり方は、舌を唇の外に突き出すようにして唇を舐めるようにしてゆっくりとまわしても効果があります。
他にも食事をするときは、片方だけで食べるのではなく、歯全体を使用して、食事をするようにしましょう。

PR