睡眠中の歯ぎしりの原因は何!?歯ぎしりは、様々な悪影響を引き起こす!?
94views

睡眠中の歯ぎしりの原因は何!?歯ぎしりは、様々な悪影響を引き起こす!?

睡眠中の歯ぎしりにお悩みの人は、いませんか!?睡眠中の歯ぎしりは、無意識にしてしまっているので、なかなか防ぐのが難しいですよね。そんな人は、歯ぎしりの原因をしっかり突き止めて改善していきましょう。歯ぎしりは、体にも悪影響を及ぼします!怖いですよね・・・。睡眠中の歯ぎしりで悩む人は、必見です。

睡眠中の歯ぎしりの原因とは!?

無意識でしてしまっている歯ぎしり・・・

自分が歯ぎしりしてるか知ってますか

寝ている間に無意識にしてしまっている歯ぎしり。一緒に寝ている人に夜中に歯ぎしりがうるさいと指摘された経験があるという人も多いと思います。では、なぜ寝ている間に歯ぎしりをしてしまっているのでしょうか。

これは、様々な原因が考えられます。まずは、ストレスが原因のケース。歯ぎしりをしやすい人の特徴として、負けず嫌いな人、多忙で時間に追われてしまっている人、責任感が強い人などが挙げられます。寝ている間にも仕事のことを無意識で考えていて、嫌な夢を見たりしてしまい、歯を食いしばってしまっているんですね。

また、お酒のアルコール、タバコのニコチン、コーヒーなどに含まれるカフェインも睡眠中の歯ぎしりの原因の一つになってしまっていると言われています。会社の飲み会などでついつい飲み過ぎてしまった夜などは、寝ている間、無意識にうちに歯ぎしりをしてしまっているかもしれません。寝ている間の歯ぎしりを周りの人から指摘されている人は、お酒、タバコ、コーヒーは、控えめにして下さい。

睡眠中の歯ぎしりが原因で様々な悪影響が・・・

寝起きの頭痛は歯ぎしりのせいかもしれない

では、睡眠中の歯ぎしりが及ぼす悪影響について解説していきます。まず顎関節症の直接の原因になってしまいます。顎がガクガクと外れるような感覚は、気持ち悪いですよね。また、肩こり、頭痛などの原因にもなります。睡眠時間はしっかり取っているのに、なぜだか身体がだるかったり、頭痛がしたりしている方は、もしかしたら、睡眠中の歯ぎしりが原因かもしれませんよ。

睡眠中の歯ぎしりを防止するには!?

睡眠前のリフレッシュが歯ぎしり予防

睡眠中の歯ぎしりを防止するには、どうすればいいのでしょうか。まずは、就寝前にストレスを軽減することを心掛けましょう。疲れが取れないまま眠りにつくと歯ぎしりの原因になりますので、自分なりのリフレッシュ方法を見つけましょう。

オススメは、半身浴です。自分が好きな入浴剤を入れたりしてゆっくりお風呂で汗を流しましょう。仕事が忙しくて入浴がいい加減にしてしまっている人も多いと思いますが、入浴は貴重なリフレッシュの時間です。ゆっくりお風呂タイムを楽しんで疲れを癒しましょう。また、お風呂からあがった後は、ストレッチをして身体の疲労を取りましょう。また夜更かしは好ましくないので、早く眠りにつける日は、早めに寝るように心掛けましょう。

マウスピースを使うのも効果的!

寝ている間の歯ぎしりは、無意識に行ってしまうものなので、マウスピースを装着して防ぐというのも効果的です。ただマウスピースを使用することによってそれが逆にストレスに感じてしまうこともあるので、専門の意思と相談の上、使用するのが好ましいでしょう。マウスピースを使用して歯ぎしりが改善したという方も多いので、試してみる価値はあると思います。

ストレス緩和が改善への近道!

睡眠中の歯ぎしりについて解説してきましたが、いかがでしたか?睡眠中の歯ぎしりは、ストレスが原因で発症することが多いので、ストレスとうまく付き合い、リフレッシュするように心がけて、歯ぎしりを改善していきましょう。

PR