唇がカサカサ・・・かゆい・・・唇の荒れは病気の兆候!?唇と病気の関係
7,655views

唇がカサカサ・・・かゆい・・・唇の荒れは病気の兆候!?唇と病気の関係

唇がカサカサしたり、あるいは、唇の周りに何か出来物が出来たりすることもありませんか?乾燥などで、唇が荒れることはありますが、もしかしたら、そういった理由ではなく、体の中の不調を訴えるものかもしれません。唇の荒れは病気の兆候かもしれないからです。そこで、唇の荒れと病気の関係について探ってみました。

唇が荒れている・・・どういった原因が考えられる?

唇の状態が悪い

普段あまり気にしていない唇がいきなりカサカサしている、色の具合がおかしい、あるいは唇の廻りが荒れている・・そういうことはありませんか?もちろん、冬場など乾燥している時期は、常にカサカサしていたり、そのために、痒みが伴ってしまうということは多くあることです。ただし、そういった原因ではなく、ずっと荒れている状態が続いていたり、ケアをしていても、なかなか治らない場合には、他に原因があるのかもしれません。唇の荒れは病気を意味しているのかもしれません。そこで、唇の荒れと病気の関係性について調べました。

唇の荒れの症状と病気の関係について

唇の荒れの症状と考えられる病気について説明しましょう。

唇自体が病気になっているケース

口唇がん、萎縮性口唇炎は、そもそもから唇自体の病気になります。あまり耳にしないかもしれませんが、唇でもガンの病気はあり、その場合、常にカサカサと皮がむける状態が続いたり、あるいは常に唇が切れてしまったりということがあります。この口唇ガンの場合、唇全体ではなく、片方の唇(特に多いのが下唇)だけが荒れる、あるいは片側だけが症状が重い、など唇全体が荒れているのではないことが多いようです。このガンは、表面にガン細胞が出ているタイプですので、そのガンさえ取り除ければ、比較的予後は悪くありません。一方で、萎縮性口唇炎は、高齢の方に多い病気です。加齢によって、粘膜が弱まってしまってこのような病気を引き起こしてしまいます。これに関しては、病院へ行ききちんとしたお薬で症状を悪化させないようにします。

唇の荒れが胃腸系の病気のサインかも!?

体調が悪いと唇も荒れる

唇の周りに出来る口角炎は、胃腸などの内臓が不調だから引き起こされるとも言います。口角炎とは、唇の周りがカサカサと乾燥していて、さらにその周りにプツプツと水泡のようなものが出来ることもあります。この口角炎自体は、冬場の乾燥によって引き起こされることもありますが、そういった乾燥が原因ではなく、胃腸が不調になっていることで引き起こされることがあります。
主な理由としては、胃などが荒れている状態というのは、いつも以上に胃が熱を熱を持っていることになります。そのために、その胃の熱を冷まそうとして、いつも口を開けている状態続いている、あるいは、その熱によって、唇を乾燥させてしまっているとも言われています。そこで、乾燥しているわけではないのにも関わらず、口の中が乾燥している状態が続くために、唇が荒れてしまうと言われています。

自分の免疫力が弱くなっているときに引き起こす病気

実は風邪をひいていたかも

唇自体が痒み、湿疹、水泡などができている場合には、「口唇ヘルペス」や「カンジダ」の可能性もあります。これらは、自己判断せずに、病院で適切なお薬を処方することによって、比較的簡単に治癒します。多くの場合、疲れ、ストレスなどによって、自己免疫が弱くなっている場合が考えられます。もともと風邪をひいていた、ということもありますが、もしかしたら、免疫が弱くなっているために、他の病気にかかってしまう可能性もありますから、その予兆として、出来る限り安静にして、免疫力を向上させるようにしましょう。

PR