口呼吸は万病の元?単にだらしなく見えるだけじゃない!口呼吸のリスクとは?
79views

口呼吸は万病の元?単にだらしなく見えるだけじゃない!口呼吸のリスクとは?

現代人は無意識に口で呼吸をしている人が多いですが、口呼吸のリスクってご存知でしょうか?普段私たちは、呼吸をするとき口は閉じているので鼻での呼吸が中心になります。でも、風邪や鼻づまりなど何らかの事情で鼻で息ができないとき、私たちは口で呼吸をしますよね。その口呼吸、実は体に良くないそうなんです。

ええとこなし!?口呼吸のリスク

口呼吸と鼻呼吸あなたはどっち

私たちは、本来呼吸をするとき鼻から吸って口から出すというサイクルを繰りかえします。しかし、最近では、口からすって口から出す「口呼吸」の人が増えているとか。「口呼吸」にはいろいろデメリットがあるといわれています。口呼吸と鼻呼吸、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

私たちが鼻から呼吸をするとき、呼吸をする事によって喉を潤したり、鼻毛や鼻粘膜の働きで侵入してくる細菌やウィルス、ホコリを防いだりと多々メリットがあります。しかし、「口呼吸」となりますとメリットどころかデメリットばかり!どんなデメリットがあるのか調べてみました。

口呼吸になってしまう原因は?

慢性的に口呼吸になってしまう原因で考えられるのは次のような事が考えられます。

・アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎などで鼻がよくつまることで息苦しくて自然に口が開く。
・アデノイドといわれる鼻の奥の扁桃腺が大きくなり鼻がつまる。
・歯が出ていて口が閉じにくくて自然に口が開く。
・もともと、口周りの筋肉が弱い。

以上、どれか心当たりがあるならば今すぐにでも呼吸の方法を鼻呼吸に変えるよう心がけましょう。

口呼吸で起こる体への影響とリスク

口呼吸は風邪をひきやすくなったり口臭が出たりリスクがある

1.風邪をひきやすくなる … 口呼吸をするとダイレクトに細菌やウィルスを知らず知らずのうちに取り込んでしまっています。冬など乾燥しやすい季節には乾燥して喉を痛めやすく、逆に、鼻呼吸の場合、空気が鼻粘膜を通ることによって保湿される効果があります

2.口臭がにおう … 口呼吸で口内が乾燥し、唾液が少なくなってしまうことにより、口の中に細菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。細菌が繁殖する事により口呼吸をしていると口臭がくさくなってしまいます。口の中が乾燥しやすくなるということで、口臭の原因になるというだけでなく虫歯のリスクも高まります。唾液が出る事によって唾液が歯の石灰化を促進してくれ虫歯を予防してくれるのですが、唾液が出ない事によって、石灰化が促進されなくなり、虫歯になりやすい歯になってしまうのです。

他、身体へのデメリットだけじゃなく外見的なデメリットを与える場合もあります。

3.外見的なデメリット … 口呼吸は、歯並びや顎の形などと外見的な悪影響を及ぼします。特に発育中の子どもには要注意となります。子供の頃から口呼吸をすると顔の形に影響が出てきます。口呼吸をすることで顔面や顎の筋肉に発育を及ぼし、歯並びなどに詠曲が出ます。

口呼吸だと睡眠時無呼吸症候群や鼾などのリスクもあります

4.いびきの原因にもなります … 口呼吸だといびきをかき易いことはよく知られています。症状がひどくなると、「睡眠時無呼吸症候群」に発展し、眠りの質が落ちて朝起きても疲れが全然取れないなんてことになりかねません。

幼児の口呼吸は要注意!!

幼児期に口呼吸のクセがつくとそのまま成長してしまうことが多くオトナになってしまう事が多いそうです。特に日本人は欧米に比べ離乳食が早いため口呼吸の割合が多いです。欧米では鼻呼吸を定着させるために、乳児におしゃぶりをなんと3、4歳くらいまで使用するそうです。日本では、昔はおしゃぶり期間が長いと歯並びに影響するといわれていましたが欧米の人はあまり気にしないのでしょうね。

やっぱり口呼吸は「百害あって一利なし」

人間生きていると呼吸は無意識にしていますがその呼吸で大丈夫ですか?これからは、たかが呼吸されど呼吸。呼吸一つでも意識的にしてみてはいかがでしょうか?

PR