口臭の確認方法と重曹を使った口臭解消法を紹介☆虫歯予防にもなる?!
96views

口臭の確認方法と重曹を使った口臭解消法を紹介☆虫歯予防にもなる?!

口臭の確認方法は自分で行うものの他、人に嗅いでもらったり、口臭チェッカーを使ったりすることで行えます。また、口臭の改善と予防には重曹水でうがいすることが効果的です。重曹水は口臭だけでなく虫歯を減らす効果も期待できます。

口臭の確認方法

自分の口臭の確認

自分の口臭がどのくらい匂っているのか、気になる人も多いと思います。大切な人と合う前や仕事での商談前、就学や就業のための面接前など、口臭がしていると相手にマイナスな印象をもたれてしまいます。また普段は口臭のしない人でも「絶対に会話で失敗できない」、という時ほど口臭がきつくなっていることもあります。この原因は緊張で交感神経が昂り、口の中が乾き、口内の酸性度が高くなるためです。今回は簡単にできる口臭の確認方法を紹介します。

基本は吐いた息を自分で嗅ぐ

口臭をもっとも簡単に確認するためには自身が吐いた息を自分で嗅ぐことが基本です。この方法のポイントは吐いた息をすぐに嗅がないことです。吐いた息を一時的に保存しておき、15秒から30秒ほどたって嗅ぎます。

【1】ビニール袋

ビニール袋に自分の息を吐き、その臭いを嗅ぐことで自身の客観的な口臭のにおいを知ることができます。使用するビニール袋は新品でナイロン臭など、独特な少ないものを使用することが大切です。

【2】コップ

コップに息を吐き入れ手で覆います。使用するコップはできるだけ底が深いもの、コップの口は小さめなものがおすすめです。

【3】マスク

マスクで口臭確認

口臭が気になるときにはマスクをして、出来るだけ空気が外にもれないようにして息を吐きます。このとき、すぐに息を嗅ぐときちんと臭いを確認できない場合があります。そのため、息を吐いたあと、少しの間呼吸を止めると良いでしょう。

【3】自分の手

口臭を確認したいときに、ビニール袋やコップなどがない場合には自分の両手を使って確認することもできます。マスクと同じように息を吐いたあと、5秒ほど息を止めて両手に吐いた息の臭いを嗅いでみましょう。

鼻に自信がない場合

自分で口臭を確認する場合には自身の鼻がよくないと意味がありません。例えば、風邪気味で鼻が詰まっていたり、蓄膿症などの場合には正しく臭いを認識できない場合があります。そのようときには次のようにしてみましょう。

【5】口臭チェッカーを使う

口臭されている口臭チェッカーで臭いを測定しましょう。価格はだいたい、2000円から4000円程度と幅がありますが、探せば2000円以下の商品もあるでしょう。

【6】家族や仲が良い人に頼む

周囲に信頼できる人がいる場合はその人に確認してもらいましょう。配偶者や恋人、家族など身近な人の方がいいでしょう。

口臭を少なくするためには

口臭予防にはやっぱり歯磨き

口臭は取ろうと思ってもなかなかすぐには取れないものです。しかし、口臭の原因は普段の生活習慣にあることが多いのです。口臭の原因は内臓疾患であったり、口内に雑菌が繁殖している場合の2つです。普段から暴飲暴食、過度な飲酒は内臓に負担をかけ、口臭の原因になることもあります。また、長い時間、歯磨きをしなかったり、炭水化物や加工品の多い食事をしていると口臭が強くなる傾向にあります。なぜなら、口臭を発生させる菌は炭水化物や化学調味料や添加物をエサに増えることが多いからです。

簡単に予防、改善するためには重曹水!

口臭予防に重曹うがい

口臭をなくすために有効な方法として重曹水でうがいをする方法があります。重曹水は食用グレードの重曹と水を混ぜて作る物です。水100mlに対して重曹小さじ1杯ほど入れて良くかき混ぜて作ります。口臭は口の中の酸性度が高くなり、雑菌が多く繁殖した場合におこります。このため、弱アルカリ性の重曹水でうがいすることで口内を中和し、雑菌を効果的に減らすことができます。この重曹水は口臭だけでなく、虫歯や歯槽膿漏など口内のあらゆる不快症状を予防、改善する効果もあります。普段から虫歯になりやすい人も歯磨き後や就寝前後に重曹水でうがいをすることで虫歯を減らすことが期待できるでしょう。

PR