首のこりの原因を知って適切な対応を行えば緩和出来る
113views

首のこりの原因を知って適切な対応を行えば緩和出来る

首のこりの原因を知る事で、それに対して適切な対応を行う事が可能ですし、逆に言えば原因が不明瞭なまま対策を取れば逆効果もありえます。まずは原因を知った上でどのように対策を取れば効果があるか知る事が重要になります。

いくつかある首のこりの原因とは

いくつかある首のこりの原因とは

首のこりの原因には様々な要素がありますが、解消したり緩和するには原因を取り除く事が望ましいです。

原因を大きく分けると、血行不良、疲労物質蓄積、筋肉の酸素不足、首周辺の関節等の異常、内臓疾患等があります。いずれの原因にしても血液循環が悪くなる事が大きな原因と言えますし、血流が悪くなれば栄養素や酸素が筋肉に渡らない事になったり、疲労物質蓄積が起こりやすくなったり、結果的に首のこりに繋がっていく可能性が高いです。

スマホやパソコンによる原因

スマホやパソコンによる原因

そもそも首というのは頭部を支える時に常に力がかかっており、首や肩周辺というのは疲労蓄積しやすい部位でもあります。

昨今パソコンやスマホを長時間見る習慣がある方も多く、首や背中の前傾姿勢から血流が悪くなり、首こりを招いている例が多くなっています。姿勢の悪さから猫背になって、首の頸椎が真っ直ぐになるストレートネックになれば首や肩のこりは酷くなりますし、デスクワークや加齢から来る頭部前傾姿勢も血流を悪化させて首こりを酷くさせます。

こうした姿勢の悪さは臓器にも影響を及ぼし、結果的に内臓疾患にも繋がる事もあり、内臓疾患からさらにコリが激しくなるという負の連鎖を招くリスクも高いです。

首のこりの原因を放置するリスク

首のこりの原因を放置するリスク

首のこりは体に現れる不調や歪みのサインでもあり、これを放置すれば単純に常に首のこりが付きまとってしまい、イライラしたり、集中力が低下したり、頭が痛くなったりと何かとパフォーマンス低下に結びつきます。

また、放置を続けるとさらに姿勢が悪くなったり、骨や関節の歪みが全身に行き渡ってしまい、病気リスクを高めていく事にもなりますから、初期段階から治療を行う事が望ましいです。

基本的にはマッサージなどが有効です。

基本的にはマッサージをしたり、血流改善を促すストレッチ等の運動、ストレス解消や姿勢矯正等が有効であり、骨や関節の異常、内臓疾患の場合は医師の診察を受けて治療が必要になります。

内臓疾患から来る首のこりは、内臓自体に痛みを感じるのではなく、疾患から来る血流悪化や筋肉への酸素供給不足等から首や肩のこりとして現れている場合もあり、重要な体からのSOSサインです。

姿勢矯正に関しては自己判断ではなく専門家のチェックを受けて正しい姿勢にしていく事が有効ですし、放置して悪化させると首こりだけの問題では無くなっていく可能性もありますから注意が必要です。

何かしら不調を訴えていると捉えて、放置してリスクを増やさないようにしましょう。

首のこりの原因は自己判断しない方が良い

520e25d33c4efea35ee17990eb2d0aa8_s 女性 首 エステ 美容 横顔

首のこりの原因に応じて対策を取っていく事が必要ですから、基本的には血流改善を促すケアを行って、それでも改善しない場合は臓器や関節、骨等に原因がある場合がありますから医師の診断を受けると良いです。

素人判断で原因を断定する事は危険であり、臓器疾患や骨や関節の異常にも関わらずに指圧やマッサージばかりを繰り返すというのは根本的な解決になりませんし、本来の原因部分が悪化していく可能性もあります。

首のこりが長期化する時には原因が複数絡み合っている事も多いですし、専門知識を持った医師等の指導を受けて、原因に応じて対策を取っていく事が望ましいです。

専門家に頼ろう

専門家に頼ろう

素人が自己判断してケアを行うにしても、血流改善を促すストレッチや運動、マッサージや温泉等であり、これらで治らない時は医師や整骨院等に行って原因特定してもらう事が安全です。

筋肉疲労や軽い血行不良の場合は適度な運動や生活習慣改善で治りますが、そうでは無い場合も多いですから、長期化する場合は自己判断せずに専門家を頼る事が必要になります。

PR