放置は禁物!首がむくむと考えられる病気とは??
300views

放置は禁物!首がむくむと考えられる病気とは??

なんだか最近、首がむくむと感じるが、恐らく肩こりから来るものだろうな・・・などと考えている方はいませんか?実は、首のむくみは、大きな病気が潜んでいる可能性があります。ここでは、首のむくみから考えられる病気を紹介します。首のむくみを感じている皆さん、必見ですよ。

むくみはどうして起こるのか?

血流が悪くなるとなりやすい

手や足などむくみやすいなぁと感じている方は多いと思いますが、むくみは、血液やリンパの流れが悪くなり、代謝が低下している状態のことを言います。

従って、首がむくむのも同じ原理で起こると考えられています。しかし、本来であれば首は、流れが滞ることが少ない部位です。そのため、首がむくむ場合は、よほど代謝が悪いか、他のことが原因であると考えられます。

血流が悪くなるとなりやすい

首がむくむ原因は??

上大静脈症候群かも!

首や顔など心臓から上の部分がむくむのは、「上大静脈症候群」かもしれません。

心臓から上にある頭や首などが出る老廃物を含んだ血液は、静脈を通り、上大静脈に集められます。そこから、心臓へ戻って、循環を繰り返すのですが、この上大静脈に血栓や動脈硬化などが起こり、流れが悪くなることを大静脈症候群と言います。

この病気になると、首や顔だけでなく、両腕にもむくみを感じるようになります。ひどい場合は、呼吸困難などの症状が出て失神することもあります。

上大静脈症候群かも!

リンパ腫の可能性も!!

首全体がむくむというよりも、一部分が腫れぼったい感じになっているとリンパ腫の可能性があります。

人の体は、首から鎖骨にかけて大きなリンパが流れていて、そこにあるリンパ節などに腫瘍ができ、ひどい時には悪性化する可能性があります。理由ははっきりしていませんが、ウィルス性によるものではないかと考えられてきます。

初めの頃は、痛みもなく、顎の下や脇の下にしこりを感じたりします。その後、発熱や体重が減少する時は、重篤化していることもあります。

リンパ腫の可能性も!!

甲状腺の不調が原因かも

首やのどに異常を感じた場合は、甲状腺障害が原因かもしれません。

甲状腺に炎症が起きていたり、腫瘍などができると腫れ上がり、むくみを感じることがあります。

特に、女性に多いのが「単純性甲状腺腫」で、この病気は、甲状腺が腫れる以外の症状が起こらないので、むくみと勘違いしやすいです。単純性甲状腺腫は、腫れが起こるだけなので、それほど心配はいりませんが、放置すると、その後甲状腺異常症を起こす可能性があります。

また、片方だけ首が腫れて痛みが伴うようなことがあったら、亜急性甲状腺炎かもしれません。中高年の女性がかかりやすく、甲状腺が腫れて激しく痛むこともあります。しかし、この病気は、キチンと治療を行えば完治します。

甲状腺の不調が原因かも

かぜやおたふくかぜかも!!

首のむくみは、かぜやおたふくかぜが原因でリンパ管が炎症を起こし、腫れ上がっている可能性もあります。このような場合は、発熱などの風邪の症状が同時に出ます。

かぜやおたふくかぜかも!!

首のむくみが気になったらすぐに病院へ!!

首のむくみが気になるようであれば、すぐに病院を受診しましょう。

前に述べた通り、病気の可能性が高いです。例えば、単純甲状腺腫の場合は、腫れが柔らかいため、単なるむくみと勘違いしやすいですが、治療が必要な病気です。また、リンパ腫のような固いしこりは、早めの受診が絶対必要です。

首のむくみを取るために、市販薬やマッサージなどで様子を見る方もいるようですが、首は、血管やリンパ管も太いですし、また、太い神経が通う大事な場所です。

従って、首のむくみを感じたら、軽く考えずに早めに耳鼻科や内科などを受診しましょう。

首のむくみが気になったらすぐに病院へ!!

PR