ぐっすり快眠!睡眠時間の質を上げる正しい枕の選び方
101views

ぐっすり快眠!睡眠時間の質を上げる正しい枕の選び方

美容や健康維持に睡眠は欠かせない大切な時間です。しかし、寝ても疲れが取れないコリがひどい、寝起きの頭痛など朝起きても体に不調が残りやすい人は自分に合っていない枕の使用によって睡眠中も体へ負担がかかってる可能性も。正しい枕の選び方をマスターすることで快適で質の良い睡眠を手に入れることができるのです。

睡眠は枕の選び方ひとつで“絶対”に変わる!

健康でいつまでも若々しい生活を送るために欠かせない睡眠。睡眠は1日の生活の中で最も大切といってもよいほど重要な時間です。

そんな、大切な睡眠時間を快適に過ごすために欠かせない「まくら」。「枕が変わると寝られない!」そんな人も多いのではないでしょうか?それぐらい睡眠において枕は重要なアイテムです。

しかし、なかには自分に合った枕を使っていないことが原因で質の良い睡眠がとれず肩こりや頭痛など体の不調の原因になっている場合もあります。

朝起きた時になんだかすっきりしない、あちこち痛い、疲れが取れない・・・そんな人は一度“枕”を見直してみましょう。

枕が変わると寝られない!

枕と睡眠の関係

あなたは枕がどうして必要か考えたことがありますか?

寝るときは枕を頭の下に敷いて寝る・・・当たり前のこと過ぎて枕の役割について真剣に考えたことがある人はあまりいないのではないでしょうか。

枕の必要性は、人間の体の形に関係しています。人間の動きのなかで、一番自然な体制が保たれているときは立っているときです。

脊椎(首の骨)から始まり背骨の最後に向かって緩やかなS字描くように自然なカーブをキープできる体制です。しかし、睡眠をとるときのように横たわった体制になると頭が下に下がってしまい不自然体制になってしまいますよね。

そこで枕の出番です!

首のカーブに沿って枕を敷き布団と首の隙間を埋めることで頭が自然と持ち上がり横になっていても立った時と同じような無理のない体制をとることができます。

つまり枕は本来、頭を持ち上げるために使用するのではなく、首の下に敷いて不自然な体制になってしまった姿勢をサポートするために必要なのです。

枕と睡眠の関係

枕の選び方の基本

枕の選び方で一番大切なのは自分の首筋のカーブにあった“高さと形”を選ぶことです。

起床後になんだかすっきりしないだるさを感じていたり、頻繁に肩や首が痛くなる、腰の痛み、手がしびれる、頭痛などの症状が現れている場合は枕選びに失敗しているかもしれません。

今自分が使っている枕を見てみて自分の首の角度に対して高すぎたり低すぎたりということはないでしょうか?理想的な枕は高くても低くてもNG!不自然な姿勢にならず自然な体制をキープできる枕を選びます。

枕の硬さと長さ

d7d0599cf98642e9455a736e41e5cf3f_s睡眠

枕の硬さは、柔らかすぎず硬すぎずが正解。

やわらかいふかふかの枕は、クッション性があり首への負担が少なそうに思えても深く沈んでしまうので無理な姿勢になりやすく肩こりや首の痛みが悪化する可能性があります。

また硬すぎる枕も同様に首が上がりすぎてしまい不自然な体制になりがちなため肩こりの原因となるほか軌道が狭まりイビキの原因となります。

なかなか自分にあった硬さがわからない…なんて人は低反発の枕を選ぶのも失敗しにくいくおすすめです。低反発素材の枕は一人ひとりの頭の形に合わせてゆっくりと沈んでピッタリフィットするためどんな姿勢の方でも失敗しにくいおすすめのまくらです。

オーダー枕なら自分専用の枕が作れる

しかし、それでも枕の選び方がいまいちわからない、選んだ枕が自分に合っていなかったら・・・そんな枕選びに不安を感じる人は専門家によるオーダー枕がおすすめです。

最近ではオーダーメイドの枕専門店のほかにもデパートの寝具売り場など、気軽にオーダーメイドやセミオーダーで自分に合わせた枕を作ってくれるお店が増えてきています。

そのようなお店に行くと専門知識を持った店員がカウンセリングなどから一人一人に合わせた枕を提案してくれるので失敗せずに自分にぴったりの枕を手に入れることができます。

このように枕は快適な睡眠を得るうえで欠かせないアイテムです。自分に合った枕の選び方をマスターして質の良い睡眠を手に入れましょう。

PR