コルセットの効果について。メリットやデメリットは?
141views

コルセットの効果について。メリットやデメリットは?

腰痛に苦しんでいる人は数多くいます。そのなかで、コルセットをつけると腰痛が軽減されるという効果があります。腰痛に悩んでいる人はもちろんのこと。誰でもこのようなコルセットの効果について、メリットやデメリットも含めて知っておくことが必要です。

なぜ腰痛に苦しむのか。腰痛を軽減するコルセットの効果について

腰痛を軽減するコルセット

年齢が上がるにつれて、腰痛に苦しむ人は数多くいます。

デスクワークなどで姿勢が悪い中長時間で居ることや、日ごろの運動不足による筋肉の膠着や、いつも同じ肩にバッグをかけていたり下着で締め付けたりすることによって、腰に負担がかかり腰痛になりやすいです。重い荷物を持つ人も注意が必要です。

このような腰痛を軽減するにはコルセットが有効です。腰痛の時に身体を支える筋肉や背筋を助けてくれるからです。

コルセットの効果について。どのように腰痛を助けてくれるのか

コルセットはまず、腰を固定することによって無理な姿勢になることを抑えてくれます。

特にお腹が出ている人は背骨を反る姿勢になったり逆に筋力が低下している人が前かがみになったり、姿勢が悪くなります。コルセットはこのようなとき、腰をしっかりとした位置に固定することにより正しい姿勢を助けてくれます。

ほかにも、保温効果もあげられます。冷えを軽減することで腰をあたため、筋肉の緊張を和らげるという効果もあります。

そして腹腔圧の上昇効果もあります。腹腔圧というのは胃腸などの内臓を納めている上半身の空間の圧力のことで、この上昇が重いものを持った際の身体の負担の軽減をもたらしてくれます。

コルセットのメリットについて

コルセットのメリット

コルセットをつけるメリットは、まず体に負担をかけずに腰痛の改善につなげることができます。

腰痛軽減のためさまざまな効果がありますが、コルセットをつけると目立たずに日常生活を送ったり仕事をしたりすることができます。湿布薬などと違って匂いがありませんし、服の下につけますのでファッションにもあまり影響がありません。腰痛に悩んでいる人が手軽に改善できるアイテムとして支持されています。

コルセットにばかり依存していると大変!?デメリットもあるので注意です

コルセットは腰痛改善に効果的ですが、つけることによるデメリットもあります。

コルセットが補強の働きをするので筋肉や骨が弱くなってしまいます。結果として腰痛になりやすくなりますので注意が必要です。ほかにも腰の動きが制限されているので腰椎のまわりの筋肉や関節が収縮して固くなることもあります。そして、正しくつけないことで余計姿勢に悪影響を与えることもあります。

コルセットをうまく利用して腰痛としっかり付き合おう

コルセットをうまく利用して腰痛としっかり付き合おう

コルセットは腰痛を軽減してくれるものです。

ですが、骨盤が歪んでいたりすると効果もありませんので、着けるときは整体や医療機関の指導に沿って行うと良いです。さらに、コルセットはあくまで補強ということを忘れず、使いすぎには注意が必要です。コルセットを使用すると筋肉が弱くなったり固くなったりしますので、普段以上にストレッチをしてコリをほぐしましょう。

そして、適度な運動を心がけ、筋肉をつけるようにするとなおよいです。そして、腰痛はなってから治すのは大変です。ですので、腰に負担がかかるような作業をするときは、事前にコルセットをつけておくというように、予防の意味で使用するとなおよいです。メリットデメリットを知ったうえで使うことが必要です。

PR