妊婦が湿布薬を使っても大丈夫なの?使える湿布薬ってある?
250views

妊婦が湿布薬を使っても大丈夫なの?使える湿布薬ってある?

妊娠中のマイナートラブルと言えば、腰痛や肩こりですよね。普段なら湿布を貼って済ますところかもしれませんが、妊婦が湿布薬を使っても大丈夫なのでしょうか?こちらでは妊婦と湿布薬の関係についてまとめました。

妊婦の湿布薬使用
妊娠中のマイナートラブルの一つに腰痛や肩こりがあります。
妊娠中期から後期にかけては、お腹もグンと大きくなりますので、身体のバランスを取ろうとして仰け反ったり猫背になったりして姿勢が悪くなり、腰痛や肩こりを引き起こします。

普段であれば湿布を貼って済ますという人も多いでしょうが、妊婦が湿布薬を使っても大丈夫なのでしょうか?こちらでは、妊娠と湿布薬の関係についてまとめました。

妊婦と湿布薬の関係

妊婦が湿布薬を使っても大丈夫なの?

妊婦が湿布薬を使ってもよいのか
先に結論から言えば、妊婦が湿布薬を使っても問題ありません。しかし、使えるものと使えないものがあります。すべての湿布薬がNGというわけではありませんので、安心してください。

妊婦が使える湿布薬とは?

妊娠中でも使える湿布薬は、サロンパスAやサロンパスローション、腰痛パテックスなどの第3医薬品になります。使用上の注意欄をご覧ください。
妊娠中に使用禁止とは書かれていませんので、そういった湿布薬でしたら使っても大丈夫です。ただし、アレルギーなどが引き起こされないよう、出来れば妊娠前に使用したことのある製品を選ぶと良いでしょう。

妊婦が使えない湿布薬とは?

妊娠中に使用が禁止されている湿布薬は、フェイタスZやジクロテクとなどの第1類医薬品です。
特に妊娠後期には良くないそうなので、使わないようにしましょう。もし知らずに使ってしまったという人や、妊娠初期に使用していたという人は、医師に相談してみてください。

湿布薬と胎児への影響

妊娠中に使えない湿布薬には強力な消炎鎮痛剤が含まれています。これは、血管を収縮させて炎症を抑える働きがあり、胎児にとっては、動脈管が閉じてしまう恐れがあります。そうすると心臓も止まってしまいますので、妊娠中には禁忌とされているのです。
ただ、産後は使えますので、授乳中に貼っても問題ありません。産後も腰痛や肩こりが酷い時にはどうぞ好きな湿布薬を貼ってください。

妊娠中の腰痛や肩こりは、湿布薬以外で治す方法はないのでしょうか?
湿布薬に頼らなくても改善できればそれに越したことはありませんよね。

妊娠中、腰痛や肩こりになる原因

妊娠中に腰痛や肩こりになる原因
妊娠中に腰痛を引き起こすのは、姿勢が変わることが原因ですが、赤ちゃんが骨盤を通ってお腹の外に出られるよう、骨盤が緩むことも原因の一つです。

妊娠中の肩こりについては、第一に血行不良が影響しています。お腹が大きくなれば運動不足にもなりますので、余計に血流が滞ります。出産への不安がストレスとなり、身体に緊張をもたらすことも筋肉を委縮させて肩こりを起こす理由の一つになります。

妊娠中の腰痛を改善させるには?

妊娠中の腰痛には、骨盤ベルトを使うと良いでしょう。骨盤の真ん中と恥骨の結合部分、太ももの張っているところの3か所を結ぶようにして締めます。骨盤ベルトは下腹部に巻くのでおなかの赤ちゃんを締め付けることはありません。安心して使ってください。
骨盤ベルトが手に入らない場合は、柔道の紐やさらしなどで代用してください。太くて伸びるゴムでも大丈夫です。ドラッグストアなどで売っていますので探してみてください。

肩こり改善方法は?

肩こりにはリンパの流れを促したり、血流をアップさせると効果的です。一日に数回肩を回したり、患部にホットタオルを当てても良いでしょう。半身浴も身体全体の血行を促進して冷え性改善になるのでオススメです。脂肪が燃えて体重の増加を防いだり代謝を高めたりしますので試してみてください。

PR