意外に気が付かない?!自覚がない腰痛の原因と対策
129views

意外に気が付かない?!自覚がない腰痛の原因と対策

世の中には自覚はないけれど、マッサージなどで、初めて自覚する「腰痛」があるそうです。そのような腰痛を放っておくと恐ろしい病に発展してしまうこともあるそうです。自覚がない腰痛の原因と対策を調べてみました。

え?まさか私に限って・・・自覚がない腰痛とは?

みなさんは、腰痛の中に、自覚がない「隠れ腰痛」というものがあるのをご存知でしょうか?本人は全く腰痛には縁が無いと思っている人こそ要注意ですよ。

え?まさか私に限って・・・自覚がない腰痛とは?

まさに時限爆弾?自覚のない「隠れ腰痛」とは?

腰痛や肩こりは、意外に自覚症状がない場合があるそうです。マッサージ師さんに言われてはじめて気が付くといったパターンが割りとあるようです。例えば、欧米人には肩こりが無いといわれますが、肩こりの場合は、欧米には「肩こり」という言葉がないからだ、とも言われています。

しかし、腰痛に関してはどうなんでしょう?腰痛の自覚がない人でもマッサージなんかで、腰を押してもらうと心地いい・・・なんて人は、「隠れ腰痛」若しくは「腰痛予備軍」ともいうべき人かもしれません。じつは、このような自覚のない「隠れ腰痛」の人は多くいます。

腰というのは呼んで字のごとく体の要。ジッとしていても動いていても、知らぬ間にジワジワ疲労は蓄積していきます。デスクワークなどをしていてグイっと伸ばすと気持ちいいですよね?これは腰が、疲労している証拠。そのままでいると、まだ痛みはなくともその蓄積された隠れた痛みがいつか爆発する危険性を秘めているので、早々のケアが必要といえます。怖いですよね・・・

まさに時限爆弾?自覚のない「隠れ腰痛」とは?

もし、違和感があるまま腰の痛みを放置していると、筋肉疲労や骨盤の歪みからひどい場合にはギックリ腰になる場合があり大変危険ですし、そんな風に疲れを溜め込んできた腰の疲れが爆発してなった場合は、治りが遅くなってしまう上に慢性化して腰痛に悩まされることになります。そんな風になる前に自覚はなくても早め早めのケアがおススメ鉄則です。

自覚はないけれど肩こりは腰痛のサイン?!

日本人には腰痛はない人でも、肩こりはあるという人は多くいます。実は、肩こりと腰痛は1セットのようなもので、両方持っている人が多いといわれてるのです。なので、肩こりのある人で、腰痛の自覚はない・・・という人でも、肩をほぐしてもらって初めて、腰痛があることに気づく人も少なからずいるそうですよ。

自覚はないけれど肩こりは腰痛のサイン?!

意外なところで生じる自覚のない腰痛

肩こり以外でも腰痛のサインはあります。例えば「ふくらはぎ」。

ふくらはぎと腰痛は一見何も関係がないように見えますが、ふくらはぎが疲れてくると、体が体幹の無理のないバランスを保つためににずれが生じて、腰の筋肉にも不自然な力がかかってしまい疲れが溜まってしまいます。この「疲労」が後々腰痛に発展してしまう可能性も捨てきれません。

日々疲れを残さないように、「ふくらはぎ」のケアも怠らないようにしましょう。腰痛だけじゃなく「足のむくみ」だけじゃなく「美脚」にもウレシイ効果があります。

意外なところで生じる自覚のない腰痛

「花粉症」が腰痛の原因に?

春になると多くの人が悩まされる「花粉症」。これが原因で腰痛に悩まされる人も多いといわれています。それには、実は理由があることがわかっています。

花粉症の症状のひとつで多くの人が悩まされる「くしゃみ」や「鼻水」があります。くしゃみをしたり鼻水をとる度にお腹に力が入ります。その度、腰にも力が入ってそれが腰痛のきっかけになってしまうのです。くしゃみでギックリ腰になる人もいるそうなので、気をつけたいですね。

ちなみに、くしゃみで腰を痛めやすい人には次のような特徴があるそうです。

・姿勢を保つための筋肉のバランスが悪い

・腰やでん部、下肢の血行が悪い

・下半身が冷えやすい

上記のような自覚症状がある場合は注意です。既に腰痛を持っている人だけじゃなく自覚症状がない人でも改善する事で将来的な腰痛の発症を抑えることができるのです。

PR