尿漏れの原因になる!?骨盤底筋のゆるみを簡単に引き締める方法!
155views

尿漏れの原因になる!?骨盤底筋のゆるみを簡単に引き締める方法!

尿漏れに悩んでいる方はいませんか?その尿漏れは、骨盤底筋のゆるみが原因になっているかもしれません。骨盤底筋は鍛えると尿漏れ改善以外にも様々な体に良い効果があるんだとか・・!体型にコンプレックスがあるかたや、もっときれいになりたいという方にお勧めのエクササイズをご紹介します!

骨盤底筋のゆるみは女性の大敵!

骨盤底筋ってなんだか知っていますか?

この骨盤底筋と呼ばれる筋肉は女性にとって非常に重要な筋肉です。これが緩んでいると、体型の乱れに繋がったりといった体の様々な不調につながります。まずは、骨盤底筋について良く知るところから始めましょう。

骨盤底筋とは一体何?

骨盤底筋とは

骨盤底筋というのは、子宮や膀胱などの下腹部に位置する臓器たちを支えている筋肉などを指しているものです。

下半身に何らかのトラブルが起きている場合には一番に骨盤底筋の状態が確認されるというくらい女性の体に重要な役割を果たしている筋肉です。

骨盤底筋はその名の通り骨盤の底のあたりにあります。肛門や尿道、膣を締め付ける働きをしてくれています。

骨盤底筋がゆるむとどうなってしまうの?

骨盤底筋がゆるむとどうなる

骨盤底筋は下半身を支えてくれている一番重要な筋肉です。

この筋肉が緩んでしまうと、骨盤を引き締めいる力が弱まり、どんどん骨盤も緩んでいきます。骨盤が緩んで開いてしまうと、体のラインが太くなってしまいます。

また、ゆるみが原因で、尿漏れなどを引き起こすことがあります。最近尿漏れするという方は、もしかするとこの骨盤底筋が緩んできてしまっているのかもしれません。

骨盤底筋を鍛えると良いことがたくさん!

引き締まった下半身が手に入ります!

お尻のラインや太もものラインがとても綺麗に

骨盤底筋を鍛えて、骨盤をきちんと正しい位置にキープできるようになると、お尻のラインや太もものラインがとても綺麗になります。また、姿勢の改善にもつながるので、肩こりや腰痛が良くなるかもしれません。姿勢が良くなると、バストにも良い影響があります。下半身の筋肉と言えども全身に良い効果をもたらしてくれます。

女性ホルモンのバランスが良くなる!

ホルモンバランスの状態がよくなる

生理不順の方、PMSの症状が重い方は、骨盤底筋を鍛えることによってこれらの症状を緩和することができるかもしれません。

骨盤底筋を鍛えることによって、子宮や卵巣も刺激を受けます。更年期の方や妊娠を考えている方など、ホルモンバランスの状態を少しでも整えたいと思っている方は鍛える価値がありますよ!

骨盤底筋の簡単な鍛え方!

どこでもできる方法としてはコレ!

どこでもできる

肛門と膣に力を入れて締めます。その締めている状態をゆっくり5秒キープします。その後に膣と肛門を緩めます。締める、キープする、緩めるの3ステップで簡単にできる方法です。

これだけで効果があるのかと不安になる方もいると思いますが、これを毎日台所で料理を作っているとき、寝る前、座ってテレビを見ているとき、通勤中などいつでもどこでも行うことによって大きな効果が得られます。

正しい歩き方で、骨盤の歪みを整えよう!

正しい姿勢で正しく歩く

骨盤底筋のトレーニングというのはつまり、骨盤の歪みを取り除くということです。

正しい姿勢で正しく歩くということは、骨盤底筋を鍛えるのに大きな効果があります。

頭のてっぺんから足の裏に一本の棒が体に刺さっているのをイメージして、立ちます。その立った状態で腰から足を前に出すつもりで歩き出します。足をつくときはかかとからつくようにすると足痩せ効果があります。足の内側には常に力を入れるようにし、外に開かないようにします。

座る時もなるべく足同士をくっつけて座るようにしましょう。

PR