あなたももしかしたら情緒不安定かも・・!?情緒不安定になる原因・主な症状・改善方法について!
327views

あなたももしかしたら情緒不安定かも・・!?情緒不安定になる原因・主な症状・改善方法について!

女性ってちょっとした刺激で気分の起伏が起きやすいです。それは良く言えば感受性が豊ということなのですが、悪く言えば情緒不安定ということになります。情緒不安定な言動を取ると周りの人からの信頼感を失ってしまったり、周りに迷惑をかけたりしてしまうことが増えます。原因や症状、改善方法についてまとめました!

情緒不安定ってそもそもどんなもの!?

情緒不安定な人って周りの人に必ず一人はいると思います。言動に一貫性がなく落ち着いて物を考えられない人がいたらその人は情緒不安定な方かもしれません。
日常的に会話の中でも情緒不安定という言葉は良く使うと思います。実際に周りにありふれた心の病気の一つです。特定の人がなりやすいというものではなく、ちょっとしたきっかけさえあればだれでもなってしまう可能性がある病気です。

情緒不安定な方の主な症状 ①感情起伏が激しい

情緒不安定の一番の症状…感情起伏が激しい

情緒不安定と言われて一番に思いつくのがこの症状だと思います。すぐに泣いてしまったり、すぐに起こってしまったりする場合があったり、テンション高く楽しんでいても、急に落ち込んで不安になって何もできなくなってしまったりする場合もあります。
躁うつ病の場合の症状とよく似た症状で、場合によっては躁うつ病の可能性があるので精神科を受診することをオススメします。

情緒不安定な方の主な症状 ②簡単にパニック状態になる

情緒不安定の主な症状…パニックを起こしやすい

情緒不安定な方の心の状態はとても複雑で不安定なものです。少しの刺激で感情の波が大きくなり、ときにパニック症の方のような症状が見られることもあります。少しの刺激というのは、普通の人にとっては大したことでは無いようなことも含まれます。そのため、情緒不安定の方と接するときにはなるべく感情に触れない言葉選びをすることが大切です。

情緒不安定を引き起こす原因とは??

情緒不安定な状態はどうやって引き起こされる!?

情緒不安定の例として一番身近でわかりやすいのは、生理の時のイライラだと思います。生理前になると普段は何ともないことでもイライラしたりしちゃいますよね。情緒不安定になっているとき、それと同じことが体の中で引き起こされるのです。いったい何が原因なのでしょうか?

生理前のイライラのように、情緒不安定も女性ホルモンのバランスの変化によって引き起こされる場合があります。気分を落ち着かせる働きがあるセロトニンという物質は女性ホルモンのバランスによって変化します。そのため男性よりも女性の方が情緒不安定になりやすいのです。

ちなみに、女性は情緒不安定になりやすいだけでなく、うつ病などの他の心の病気にもかかりやすいことも知られています。また、女性ホルモンによるものではなく、過度のストレスなども挙げられます。ストレスなどによって感情が押し込められている状態が長期間続くと反動で感情が乱れやすくなります。

情緒不安定を改善!気持ちを落ち着かせる方法!

ちょっとした考え方を変えるだけで気分はいくらでも変えられます!

ポジティブ思考を心がけて情緒の安定を図ろう

情緒不安定な方は感情が不安定になっています。そして情緒不安定の症状が出てしまうというときは、心に強い不安とストレスを感じています。この不安やストレスを取り除くことができれば情緒不安定は改善されていきます。

情緒不安定な方はネガティブな思考をしている方が多いので、常に前向きに生きていけるようにポジティブな思考を手に入れることが大切です。毎日楽しい好きなことを考える時間を作るだけでも違うと思います。普段から女性ホルモンの乱れがなるべく無いような生活を送ることも大切です!

PR