完治はほぼ不可能?!躁うつ病の症状と治し方とは?笑いの効果で劇的に症状が改善?!
1,769views

完治はほぼ不可能?!躁うつ病の症状と治し方とは?笑いの効果で劇的に症状が改善?!

躁うつ病の症状と治し方について紹介します。躁うつ病はうつ状態と躁状態が繰り返し出現する病気です。現在では完治は難しく、症状が治まっても再発する可能性が高いために一生、薬や症状と付き合うことになります。一方で笑うことは非常に効果的です。一緒に笑い合える人のいる環境を作ることが改善の一歩になります。

躁うつ病の症状と治し方

躁うつ病は上がったり下がったり、患者本人も周りの人間も苦しめる

うつ病は誰にでも発症する病気であるのに対して、躁うつ病は100人に1人程度しか罹患しないと言われる病気です。

うつ病患者に比べての自殺する可能性が高いために注意深く患者に接する必要があります。現在までに投薬治療や精神療法が効果的であることがわかっていますが、それでも完治することは難しく、多くの患者は一生、薬やなんらかの症状と付き合っていかなければなりません。

さらに、症状の不安定さと躁状態のときの借金や仕事のために社会的な信用を失うことも病気を難しくさせている原因となっています。

単なる気分を超える躁うつ病の症状

精神的にも身体的にも躁状態と鬱状態を繰り返す躁うつ病

気分の変調は誰でにでも起こる普通のことです。例えば、なんとなく気分の良い日があるとか、なんとなく気分が乗らない日などは誰もが経験するものです。

しかし、躁うつ病ではその振り幅が大きく、また気分だけでなく身体的な不調も感じることがあります。躁うつ病はうつ状態と躁状態を繰り返す病気ですが、このように明確な躁状態がある場合は双極I型障害、軽度な躁状態である場合には双極II型障害と診断されます。

うつ状態の症状のときの特徴

躁うつ病患者のうつ状態のときには、一般的に食欲の低下、物事への興味関心が薄れるなどの意欲低下がみられる他、自分自身を責めたり、無能だと思い込むことが多くあります。

このような沈んだ気持ちが継続して2週間以上続くのがうつ病ですが、躁うつ病のうつ状態ではその期間はまばらです。うつ状態から数時間後には一転して躁状態になることもあります。

躁状態の症状のときの特徴

うつ状態よりも厄介なのは躁状態のときです。躁状態になると周囲の人の迷惑を省みずに行動したり、金銭感覚がおかしくなることがあります。具体的には真夜中に友人に電話をしたり、返済が不可能とわかっている借金をしたりするなど家族だけでなく、家族以外の人に迷惑をかけることがあります。

躁状態ではいろいろなことに意欲がでて、睡眠時間が短くなり体力の続く限り活動的になりますが、躁状態が強いほど、その後に強いうつ状態に転じることが多くあり、周囲を戸惑わせます。また、この状態のときには行動力があるので、自殺しやすい状態でもあるので注意が必要です。

躁うつ病の基本治療は投薬

躁うつ病の基本治療は投薬です。
うつ状態があっても抗うつ薬の投与は病状を不安定にさせるために避けられます。躁うつ病ではリチウムやラモトリギンなどを使用します。これらの薬は体内の神経バランスを整える働きがあります。

カルシウム摂取で躁うつ病は改善する?

躁うつ病はカルシウム濃度が精神に作用している

躁うつ病では血中のカルシウム濃度の変化が神経に作用していることがわかっています。そのためにリチウムなどの薬でバランスを取ることが症状緩和のためには必要となります。

このカルシウム濃度は食事から摂するカルシウム量が変化することで増えたり減ったりすることはない、体質的なものだと言われています。
そのため、カルシウムの豊富な食べ物を食べても症状は改善しません。

治療には周囲の協力も必要

躁うつ病の治療には周囲の協力も大切です。
しかし、むやみに患者を励ますことや反対に叱咤することは厳禁です。まずは病気による罪悪感を取り除き、休むことや療養することが良いこと、必要なことと認識させることが大切です。

その上で、患者が笑うことができる環境を作ります。家族との会話で笑いがあれば良いですが、そうでなくとも、仲の良い友人と話すことや笑えるテレビやDVDを見てることも有効です。笑える環境を作り、心から笑う時間を作りましょう。

ただし、うつ状態のときには笑うことを強要しても逆効果になるので、提案する時期は選ぶ必要があります。

難治性の病気への笑いの効果

「笑顔」が難病にも効く

最近では「笑う」ことが難治性の病気にとって非常に効果的であることがわかってきました。
うつ病や躁うつ病などの他、自己免疫疾患やガン、痴呆症などにとっても日々の生活で笑うことが多いと回復が早かったり、大きな改善がみられると言われています。内容はどうであれ、声を出して気持ちよく笑うことが大切です。

一緒に笑い合える人がいると、より効果が高いと言われています。

PR