セックス依存の原因は愛情の渇望にありました
350views

セックス依存の原因は愛情の渇望にありました

セックス依存の原因は幼少期の時期に愛情を受けずに育ってしまうと、依存症になりやすくなる傾向があります。パートナーに何度も求めてしまったり、不特定多数の人と行為を持ったり、性犯罪を犯してしまう場合もあります。心の病気であるため、精神科などで治療してもらう必要があります。

セックス依存の原因とは

セックス依存症とはどんな病気なの

セックス依存症とはどんな病気なの

セックス依存症とは、心の病気の一つで、性的関係を結ぶことに幸福感を感じたり、快楽を求めてしまうようになる症状の一つです。

パートナーに回数を強要したり、または不特定多数の相手と関係を持ってしまう場合もあります。合意のある性行為であればよいのですが、痴漢やレイプなどの性犯罪を犯してしまう場合もあるため、深刻な問題でもあるのです。

何故依存症になってしまうのか?

何故依存症になってしまうのか?

セックス依存の原因にはさまざまな原因が考えられます。

幼少期の時期に親からまともな愛情を受けて育っていない場合や、また親や周りの大人達などから、性的虐待を受けて成長した場合などに、依存症になってしまう傾向があります。また性的虐待を受けて育った子供は、大人になった時に、今度は逆に子供に対して性的虐待をしてしまう可能性もあります。

自分が性的虐待の被害者であったのにも関わらず、将来、加害者になってしまうこともあるのです。この悪循環を断ち切るためには、やはり専門的な治療が必要になってくることでしょう。

セックスで快楽を経験するとさらに求めるように

セックスを行い快楽を感じるようになると、脳の中では性ホルモンが過剰に分泌されていきます。セックスを常に行っている場合、この過剰分泌を止められなくなってしまうため、さらに依存性が強まってしまう傾向があります。

行為中だけ、気持ちが満たされるようになってしまう

依存症になってしまう問題は、普段の日常生活では、無気力感を味わい続け、自分を否定する気持ちが強くなっていますが、行為中だけ、充実した気持ちになってしまうため、さらに依存性が高まっていってしまうのです。

アルコールで欲求をコントロールできない

アルコールで欲求をコントロールできない

セックス依存症はアルコールが入ることによって、自分の欲求をコントロールできなくなってしまいます。その為、お酒が入ると、相手を考えずにその場限りの関係を築いてしまうこともあります。

セックス依存症の問題点

結局は満たされているつもりが傷ついてしまう

girl-863686_640 女性 不安 悲しい 孤独 一人

セックス依存症の大きな問題点は、セックスをして欲求が満たされたはずにも関わらず、行為後に大きな後悔の気持ちが溢れてしまうことです。行為を行い、気持ちが満たされたはずにも関わらず、結局は最後に自分の心の傷がさらに大きくなっていくことが大きな問題でもあるのです。

性病になってしまうリスクも

不特定多数の相手と関係を持つことによって性病になってしまうリスクもあります。

性犯罪にかかわってしまうリスクも

性犯罪にかかわってしまうリスクも

セックス依存症は相手との合意による関係を持つのであれば、周囲に迷惑をかけることはありません。

しかし、法律に触れてしまう性犯罪に手を染めてしまう可能性もあります。強姦や痴漢などの性犯罪や、下着などを盗むなどの窃盗罪を犯す場合もあるでしょう。

最終的には精神科での治療が必要

依存症を克服するためには、本人の強い意志が必要になります。

セックス依存症であり続けることは、結局は自分の身体だけではなく心も傷つけてしまうことになりかねません。精神科ではこうした依存症の患者に対する治療を行っているので、本格的な治療を行い、依存症を克服しなければ、本人が幸せを手に入れることができないでしょう。

PR