5月病になりやすい人っているの?学校・会社に行きたくない5月病の症状や5月病の原因と対策
99views

5月病になりやすい人っているの?学校・会社に行きたくない5月病の症状や5月病の原因と対策

新学期や新生活のスタートを迎えた4月はやる気で満ち溢れていたのに、ゴールデンウィークが終わり、なんだか学校や会社に行きたくない……。それは、5月病にかかっているのかもしれません。5月病になりやすい人はいるのでしょうか?5月病の症状や、5月病の原因と対策についてご紹介しましょう。

5月病になる人の特徴は?5月病の原因と対策

5月病になる人の特徴は?

先月はあれだけ張り切って仕事や学校に行っていたのに、長期休暇明けになると、なんだかやる気が起こらない。このような症状がある場合、もしかすると、5月病に掛かっているのかもしれません。

5月病になぜなってしまうのか、また5月病になりやすい人はいるのかどうかを調べてみました。これから、5月病の原因と対策について勉強しましょう。

5月病の特徴

5月病は大学に入学をした学生にみられるものです。4月は大学の授業やサークルなどの新しい環境に期待を持っているのですが、ゴールデンウィークの休暇が過ぎたころに、入学前に思い描いていた新しい生活とのギャップを感じて、やる気を失ってしまったり、気分が落ち込んでしまったりします。

5月になってそのような症状が出てくるのは、新生活がひと段落する時期だからと言われています。

また、最近では新社会人にも5月病のような症状が出てきています。新社会人の場合は、会社の新人研修などが5月末頃まであるため、それが落ち着く6月に入って、思っていた仕事内容と違って落ち込んだり、ふさぎこんだりする症状が出てきます。新社会人の場合は、時期的に6月病と言うことが多いようです。

5月病の症状

5月病の症状は、気分が落ち込んだり意欲が低下して憂鬱な気持ちになることや、食欲がなくなったり、頭痛がして朝起きることができないなどがあります。

また、ちょっとしたことで疲れを感じてしまったり、夜に眠れなくなってしまう睡眠障害や、めまいなどの症状もあります。人によってどのような症状が現れるのかが異なるのが5月病の特徴です。

このような5月病・6月病の症状をそのままにしておくと、うつ状態となってしまい、社会に復帰するのが難しくなるため、早期対処が必要です。では、なぜ5月病・6月病になってしまうのか、その原因についてみていきましょう。

5月病になる原因

5月病になる原因は、進級や進学、入社、転職などで新しい環境に心や体が疲れてしまうからです。大きな環境の変化は、心身ともにストレスを受けます。環境に馴染もうとすることで、気力や体力を使います。そして、長期休暇で休んだ後に、心と体が再度適応できなくなるため症状が出てきてしまいます。

また、大学への進学や会社の入社など、目標を達成したことで、次の目標を見失ってしまうことも5月病になる原因の1つです。

5月病になりやすい人の特徴

真面目、几帳面、完璧主義は注意!

5月病になりやすい人は、大きな環境の変化を受けた人。特に、頑張りすぎてしまったり、気を使いすぎる真面目な方がなりやすいです。

そして、きっちりと計画を立てて物事を進めていくような几帳面な方、それを完璧にやり遂げようと思うような完璧主義な方が5月病に掛かりやすいです。

5月病の対処法

心と体をリフレッシュ!

5月病の対処法は、ストレスの解消法をみつけることです。

例えば、テニスやヨガなどのスポーツで心と体をリフレッシュするとか、映画鑑賞やライブに行くことで気分転換をすることなどがあります。

家の中では、ゆったり湯船につかりながら半身浴を楽しんだり、ラベンダーやローズなど好きな香りのアロマテラピーをすることなどがあります。

また、旅行をしてゆったりと温泉につかったり、おいしいものを食べたりしてリラックスをする方法もあります。疲れてきたなと感じたら、こまめにリフレッシュをすることが大切です。

PR