まさかパートナーが原因だった!在宅ストレス症候群とは?
199views

まさかパートナーが原因だった!在宅ストレス症候群とは?

在宅ストレス症候群とは主に夫などパートナーが家にいることで、妻がストレスを感じ精神状態が悪化してしまう状態のことです。例えば、仕事から夫が帰宅した時や、夫の休日、定年退職後に夫が一日中、家にいるようになった場合、同居する妻がストレスを感じてしまいます。

在宅ストレス症候群とは

パートナーが家にいることでストレスを感じます

パートナーが家にいることでストレスを感じます

在宅ストレス症候群とは、主に夫などパートナーが家にいることでストレス状態になってしまう症状のことを言います。精神的に落ち着かなくなってしまったり、ストレスを感じてしまったり、鬱病や胃潰瘍などになってしまう場合もあります。

在宅ストレスを感じる時

パートナーが仕事から家に帰宅する時

パートナーが仕事から家に帰宅する時

平日の昼間は、夫がいなくて伸び伸びと家の中で過ごすことが出来た妻ですが、夫が仕事から帰ってきた途端、精神的に不安定になってしまいます。

夫が休日の日

夫が休日の日

夫が休日で、一日中、家の中でゴロゴロしている時も、妻は非常にストレスを感じます。お茶や新聞などを持ってこいと夫から命令されたり、一日中、夫の世話に追われて、妻は休日でも休まる暇はありません。

仕事をリタイヤしてしまった

仕事をリタイヤしてしまった

定年退職をしてしまった夫や、若くてもリストラされてしまった夫も、妻にとっては大きなストレスの原因となります。家にいる時間が長すぎるため、妻にとっては、精神的に落ちつける場所がなくなってしまいます。

在宅ストレス症候群の原因はパートナーの態度に有!

亭主関白過ぎる!

外では、仕事をバリバリとこなし社会人としては優れている夫も、家に帰ったら、妻にあれこれと指図をし過ぎてしまい、妻が非常にストレスを感じてしまうケースもあります。

家事はすべてパートナーまかせ!

家事はすべてパートナーまかせ!
家事を全くしない夫も妻にとってはストレスの原因となります。

生活を送る以上、やはり最低限の身の回りのことや家事をしなければなりません。服を用意するのも、お茶をコップに入れるのもすべて妻まかせの夫の場合、夫が家にいる間、妻がすべて世話をしなければならなくなるため、妻にとってそれがストレスの原因となってしまう場合もあります。

パートナーをコントロールしたがる!

常に妻が何をしているのかが、気になる夫の場合、いちいち何処に出かけるのか、何時に帰ってくるのかを、一日中、口出ししてしまう夫の場合、妻がストレスを溜める原因となってしまいます。

在宅ストレス症候群を回避するには?

在宅ストレス症候群を回避するには?

本人にストレスを感じていることを伝える

在宅ストレス症候群を回避する一番の方法は、ストレスの原因となる相手に、自分がストレス状態にあり、その原因がパートナーにあることを、伝えなければなりません。

ほとんどのケースの場合、ストレスを与えているパートナーが、自分の存在が相手にとってストレスになっていることに気が付いていません。伝えることによって、相手が意識を大きく変えなければ、問題の解消にはならないでしょう。

1人で外に出掛ける

夫が休日、家にいて息苦しい気分になるのであれば、1人で映画を見に行ったり、お茶を飲みに外出するのもよいでしょう。夫から少しでも離れる時間を作ることによって、リラックスした自分だけの時間を持つことが出来るようになります。

思い切って外に働く方法も!

思い切って外に働く方法も!

夫が仕事をリストラされたり、定年退職して毎日家にいて、息苦しい気分になるのであれば、思い切って外に出て働いてみてはいかがでしょうか。

精神的にも開放されますし、外で働くことによって家でのストレスを忘れることが出来ます。また外で働くことによって、自分のお金を手に入れることが出来るので、金銭的にも余裕が持てます。

パートナーの態度が変わらない場合は

家でのパートナーの態度が悪い場合は、別居や離婚を考えてもよいかもしれません。ずっと我慢して生活を続けていては、精神的にもいずれ病んでしまいます。別れることで、精神的にも穏やかで幸せな生活が出来ることもあるでしょう。

PR