高所恐怖症の克服のポイントとは?怖いと思うことが大切!
110views

高所恐怖症の克服のポイントとは?怖いと思うことが大切!

高所恐怖症の克服は、自己流の方法で行うことは危険です。自己流の方法で行った場合、高所恐怖症を克服するどころか余計に恐怖心が強くなってしまうことも考えられます。克服のためには、少しづつ慣れていくことがポイントです!

高所恐怖症を克服したい

高いところが怖いのは当たり前

高いところが怖いのは当たり前

高いところが怖いと思うのは、人間の本能なので当たり前です。人間だけでなく、哺乳類には本能として備わっている感覚なのです。そのため、多くの人が高いところ=危険と認識しているでしょう。しかし、ビルの中など安全な高いところでも恐怖を感じてしまう場合は高所恐怖症の可能性があります。

高所恐怖症は、高いところに行かなければ日常生活に支障をきたすことはありません。しかし、高層ビルなどで働いている人は高所恐怖症がネックになってしまうこともあるようです。また、高所恐怖症の人は他の恐怖症を発症しやすいとも言われています。パニック障害や社会恐怖症がこれに含まれます。このようなことから、できることなら高所恐怖症を克服することが望ましいでしょう。

「怖くない!」は逆効果です!

高所恐怖症の克服は、自己流で行うことはおすすめできません。なぜなら、自己流で行う場合多くの人が「怖くない!」と思い込もうとするためです。前述したように、高いところが怖いという感覚は生まれながらにもっている本能です。そのため、いくら怖くないと思い込もうとしても無理な話なのです。

「怖くない!」は逆効果です!

それどころか、怖くないと思えば思うほど恐怖心が増してしまいます。これにより、発汗や手足の震え、足がすくんでしまうなどのパニック症状を引き起こしてしまう可能性があります。このような経験はトラウマになり、余計に高所恐怖症の症状が悪化してしまうことも考えられます。そのため、高所恐怖症の克服を目指している人は、怖くないと思い込んではいけません。

高所恐怖症の克服方法とは?

克服には慣れが大切!

高所恐怖症の克服に必要不可欠なのは慣れです。

そのためには、まず恐怖心を受け入れて自分の限界を知る必要があります。高いところは怖くないと無理に思い込むのではなく、高いところが怖いのは当たり前だとある意味開き直ってしまった方が克服しやすくなります。

また、自分がどれくらいの高さまで耐えられるかをしっかりと把握しましょう。高いところに慣れるうえで、一気に限界よりも高いところに行くのは危険です。まずは低くても良いので限界を知っておきましょう。

高所恐怖症を克服するうえで知っておきたいのが、恐怖心が持続する時間です。一般的に、恐怖心は30分程度持続すると言われています。そのため、高いところに30分以上居れば、次第に慣れて恐怖心が薄れていくでしょう。時間は掛かりますが、この方法は高所恐怖症の克服には大変効果的です。少しずつ高さを上げていくことで、徐々に高いところに対する恐怖心に慣れていきましょう。

実際に高いところに行くのは抵抗があるという人は、まずは映像を見ることから始めてみましょう。高いところで撮影された映像を見ながら良いイメージを作り上げることで恐怖心は薄れていきます。このようにイメージトレーニングをしてから高いところに行けば、意外と平気に感じることもあるようです。

トラウマがあるならカウンセリングが効果的

トラウマがあるならカウンセリングが効果的

高所恐怖症の原因に子供のころの経験が関係している場合、上記に挙げた方法での克服は難しいと言えるでしょう。高いところに対するトラウマがあるのであれば、専門医によるカウンセリングを受けましょう。高所恐怖症を克服するためには、まずはトラウマを取り除くことが大切です。

高所恐怖症の克服には時間が掛かりますが、克服することは決して不可能ではありません。自分に合った方法で克服を目指しましょう。

PR