やる気が出ない…無気力の治療方法と原因とは?
144views

やる気が出ない…無気力の治療方法と原因とは?

何もやる気が起こらなくなってしまうことってないですか?無気力状態が長期間だと心身ともに疲れてしまいます。そこで、その無気力になってしまう原因はなにか?無気力の治療方法はあるのか?を見ていきたいと思います。

無気力って心の病気?

「無気力症候群」

無気力になると、やる気が起きずだらだらしてしまいがちです。

しかし、それが趣味などのに関してではなく、仕事といった「本業」に向くことが多いのです。無気力の状態が長期にわたると、出社拒否をしてしまうこともあるそうです。

実は、この無気力にも名前があるのです。「無気力症候群」と言います。聞いたことのある疾患だと思います。この「無気力症候群」は、自然と気力の回復していくこともありますが、日常生活に支障が出てしまうこともあります。そのため、無気力症候群は時に問題となってしまうことも…

うつ病や不安障害のような疾患と比べると、疾患として確立はあまりされていません。様々な病状で起きると考えられているので「症候群」のくくりで扱われています。「症候群」と聞くと、あまり深刻な病気のような気がしませんが、意外にも、大変な心の病気です。

無気力症候群とは?その原因とは?

原因となる1番の原因は「ストレス」です。

無気力症候群は、その人の本業の仕事などに対して無気力になってしまう、または無感動、無関心になってしまう状態のことです。仕事に対してやる気はないけど、趣味には精を出すぞ!という選択的な無気力も、無気力症候群の一つだそうです。

本人が無気力症候群に気付きにくく、克服が困難であることが現状です。その、無気力症候群になってしまう原因はなんでしょうか。原因となる1番の原因は「ストレス」です。そのストレスが大きすぎて、「何もやる気が起きない・何もやる気が出せない…」という状態になってしまうのです。

通常では、ストレスを感じた場合、克服しようとストレスとなったことをはっきりさせて解決したり、そのこと自体を忘れる!などがあります。それさえもしようとしないのが、無気力症候群なのです。

感情の起伏が小さくなっていませんか?意欲や行動力が極端になくなっていませんか?何をしていても楽しめない・情熱を注げなくなっていませんか?無関心になってはいませんか?どれか1つでも当てはまったら、無気力症候群の可能性が出てきます。

症状を見逃さないでください。無気力であることに対し、本人は困っていないというのが、無気力症候群の特徴の1つです。本人が困っていなくても、周りが困ってしまうこともあるので、注意してみてください。

無気力の治療法はあるの!?

一つだけでも大丈夫。無理なく始めて、少しずつ克服していきましょう!

無気力症候群の治療はとても難しいです。

理由は、「本人が困っていないから」です。うつ病の方も、無気力の症状が出る方もいます。ですが、うつ病の方は、無気力に対して本人が困っていて「無気力の症状を治したい!」と考え、それを自ら病院に受診し治療を求めます。

ですが、無気力症候群のかたは、本人が「無気力」に対して困っていないので、治療を求めることがあまりありません。本人に治療の意欲がないと、薬を処方しても、病院にもすぐに来なくなってしまうことが多いです。なので、治療法。ではなく、克服方法を紹介します。

・私はできる!と暗示をかけて、自信をつける。
・こうなりたい!自分を想像を膨らませましょう。
・体調や栄養管理は大切です。適度な運動も、心の健康を保ってくれます。
・理想と予定と違っていても、気にしないでください。
・最低限をこなせばいいです。
・完璧になるんだ!と思わないでください。完璧な方なんていません。
・笑顔や笑いが出るような状況を持つようにしてください。
・ポジティブシンキングです!

これらは、無気力症候群を克服していく上で重要なものです。一つだけでも大丈夫。無理なく始めて、少しずつ克服していきましょう!

PR