うつ症状の不眠の特徴と対策法 うつの不眠を改善する方法とは?
135views

うつ症状の不眠の特徴と対策法 うつの不眠を改善する方法とは?

最近眠ることができない、寝つきが悪いなと感じる方の中には、うつ症状の不眠で悩まされている方がいらっしゃるかもしれません。うつ症状の不眠はどのような特徴があるのでしょうか?うつ症状の不眠の特徴や対策方法についてご紹介しましょう。

うつで不眠が起こる確率はなんと9割!

うつ症状の不眠で悩んでいる方は、うつ病を発症している方のおよそ9割とも言われています。うつ症状の不眠にはどのような特徴があるのでしょうか?特徴や対処方法についてみていきましょう。

うつ症状の不眠の特徴は?

うつ症状の不眠の特徴は?

うつ症状であらわれてくる不眠は、入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒の3つのタイプにわけられます。それぞれの不眠の症状の特徴をご紹介します。

【入眠障害】

入眠障害は、布団に入ってもなかなか寝ることができない不眠症状です。寝ようと思ってから30分から1時間しても寝ることができず、その状態を苦痛に感じる場合は入眠障害のケースが考えられます。

【中途覚醒】

中途覚醒は、夜中に何度も目が覚めてしまい、一度目が覚めると寝付けなくなってしまう不眠症状です。

【早朝覚醒】

早朝覚醒は、自分が起きたいと思っている時間よりも早く目が覚めてしまう不眠症状です。うつ症状の不眠によくみられるタイプとなっています。

どうしてうつ病で不眠症状がでるの?

どうしてうつ病で不眠症状がでるの?

うつ病になると、人間が生きることの中で最も基本とする欲求である、睡眠欲、食欲、性欲が低下してしまいます。生命エネルギーが低下してしまうことによって、睡眠障害が出てしまいます。

また、うつ病になるとセロトニンが低下してしまいます。セロトニンは、アドレナリンが分泌されて攻撃的になったり、心が暴走してしまう状態をセーブしてくれる働きがありますが、セロトニンの低下によって平常心を保つことができなくなり、神経のバランスが乱れて不眠症を引き起こしてしまうとも言われています。

うつ症状の不眠を改善する方法

うつ症状の不眠を改善する方法

うつ症状の不眠を改善する方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

【鍼灸院でうつ症状の不眠を改善】

鍼灸院のハリ治療に通って、うつ症状の不眠を改善する方法があります。うつ症状の不眠の改善のためには、鍼灸治療で自律神経を整えることが大切です。ハリの治療は、自律神経のバランスの乱れを整えてくれるため、通うことによってだんだんと不眠症が改善される方もいらっしゃいます。

鍼灸の治療によって、体の中の気・血・水の3つの働きがスムーズになり、不眠の症状が改善されます。鍼灸治療を受けた日は、心がリラックスして安眠できる方も多くいらっしゃるようです。お近くの鍼灸院で、うつ症状の不眠を改善できるプログラムがないかを確認してみるとよいでしょう。

【食べ物でうつ症状の不眠を改善】

寝る前にホットミルクティーやジンジャーティーを飲んで、体を温めることによって、不眠症が改善されることがあります。

また、野菜のレタスには催眠効果があるといわれているため、食事にとりいれてみましょう。さらにビタミンB12は、神経系のビタミンとも言われています。牛乳や納豆、イカやレバーなどを毎日食べて、不眠症の改善しましょう。

睡眠によくないとされる飲み物にも気を付けておきましょう。カフェインは覚醒効果があります。昼食後にコーヒーを飲んだら、なるべくそれ以降はカフェインをとらないようにすることをおススメします。

また、寝る前のビールやワインなどのアルコールは、不眠症を引き起こしてしまいがちなので、控えるようにしておきましょう。

PR