対人恐怖症の原因は性格や環境、過去の失敗などいろいろなものがあります
157views

対人恐怖症の原因は性格や環境、過去の失敗などいろいろなものがあります

対人恐怖症になってしまうリスクは誰もが持っています。現代社会が複雑になり、集団での生活を行ううちに、人の視線や人前で話すことが怖くなってしまいます。対人恐怖症の原因にはさまざまなものがあります。克服するには自分は人にどう思われてもよいという割り切りが必要かもしれません。

対人恐怖症は誰もがなる可能性があります

対人恐怖症とは?

対人恐怖症は神経症の一つ

対人恐怖症は神経症の一つで、人前に出ることが怖くなってしまう病気でもあります。

対人恐怖症と一緒に、社会不安障害や人間恐怖症状、あがり症などの症状が併発していることも多く、極度の対人恐怖症の場合、日常生活を送ることが困難になってしまうこともあります。

対人恐怖症の原因とは?

対人恐怖症の原因にはさまざまなものがあります

対人恐怖症の原因にはさまざまなものがあります。過去に人間関係における失敗があった場合や、家庭環境があまりよいものではなかったり、人を信じることができなくなってしまう事件や事故などがあった場合などが原因となり、対人恐怖症になってしまうこともあります。

この他にも、本人の性格や、生まれつきの脳の障害、これまでの生活習慣などが対人恐怖症の原因となります。

対人恐怖症になるとどうなるの?

対人恐怖症になるとどうなる?

対人恐怖症になってしまうと、自分だけが周囲からのけものにされているのではないか、すべての人間に嫌われているのではないかと考え込み、内にこもってしまう傾向があります。

また極度の対人恐怖症になってしまうと、社会に出て働くことや、外出することさえ困難になってしまうことがあります。

ちょっとしたことがきっかけで起こることも

ちょっとしたことがきっかけとなり、誰もがなる可能性が

現代人は、人間社会が複雑になり、集団生活を強いられることがあります。たとえば学校での生活や企業での就業などさまざまなものがあります。

対人恐怖症は、心の弱い人間がなるのではなく、ちょっとしたことがきっかけとなり、誰もがなる可能性があります。たとえば、学校生活で人前で何かを話さなければならないときに、失敗した経験があったり、人に笑われた経験などがあった場合にも起こります。

他にも失恋を経験したり、恋人との別れ、友人の裏切り、離婚や幼児期に親から厳しくしつけられたなど、心の傷を受けたときにも起こります。

対人恐怖症は十人に一人がなってしまうと言われている時代ですので、人にどう見られてもいいという開き直りが必要なのかもしれません。

症状にはさまざまなものがあります

エスカレートすると生活にも支障が

対人恐怖症になってしまうと、人の視線が怖くなり、自分が苦手だと思う人と話をすることも、目を合わせることもできなくなってしまいます。

劣等感を持っていたり、人前で何かを発表しなければならない予定があるときに、ずいぶん前から、ずっと緊張し続けてしまう場合もあります。対人恐怖症がエスカレートしすぎていくと、生活にも支障が出てきます。

幸せをつかむためには

対人恐怖症を抱えたまま生きていくことは、本人にとってもとても辛いことです。人前で何かを発表したりするのが苦痛だと言う方は、克服するためにあえて、自分に人前で何かを発表する機会を与えてみるのです。

最初は少人数のグループでの発言からで構いません。何度も行ううちに次第に慣れてきて、それが自信へと繋がります。

カルチャーセンターでは人前でうまく発表できない方のために、スピーチレッスンを行ってくれるクラスがあります。こうしたクラスを利用して、どんどん自分に自信をつけていけば、人前で話すことが得意になり、対人恐怖症を克服するきっかけとなるのです。

プロのアナウンサーの中でも、人前で話すことが大の苦手だった方がいます。その弱点を治すために、あえて人前で話すことをがんばって行ったおかげで、プロのアナウンサーになれたという方もいるのです。

最終的には自分をさらけだし、割り切ることが大切なのです。

PR