季節の変わり目と重なる新生活…不安定な体調を何とかしたい!
84views

季節の変わり目と重なる新生活…不安定な体調を何とかしたい!

過度のストレスや季節の変化なども重なって、春からの新生活で不安定な体調や精神状態に悩んでいる方が毎年たくさん出てきてしまいます。今年こそ、元気に春のスタートを切るには?体調不良の原因や対策を調べてみました。

期待と不安でいっぱいな春先

期待と不安でいっぱいな春先

環境の変化と体調

4月が新年度となる日本。Spring has come!と楽しみだけを感じている方は少ないようで、新生活で精神や体調が不安定になる方も多いようです。

どの年代も期待半分、不安半分に思っているのが現実。進学のために生活が変わったり、学生から新社会人になったり、社会人でも人事異動等で人間関係の変化が起こる4月は、これらのことをストレスに感じる方が7割程度。さらに仕事におけるストレスで体調を崩す方は、8割にも上ると言われています。

寒暖差も不安定な要素

新生活で不安定になる精神や体調は、人間関係のストレスだけではありません。

春は急に暖かくなったり、逆に寒くなったりと気温差が大きいのも特徴的です。こんなとき冬用の体から夏用の体へ徐々に移っていく体調は、気温の変化についていけず、自律神経のバランスが崩れ、体調不良になりやすくなります。

花粉症疲れもピークに

敏感な人なら1月後半からゴールデンウィークまで悩まされる花粉症。

くしゃみ、鼻水、目のかゆみ、のどの痛みは思った以上に体力を奪っています。また、できるだけ症状を緩和させるための工夫に疲れてしまっていることも。こんな時は免疫力が落ちていて、体調も下降気味です。

花粉症疲れもピークに

肌も不安定に!

春は肌が荒れやすいと感じている女性が、7割弱もいると言われています。

しかもその原因はストレスだと感じているようで、肌が荒れていると気分も上がらないし、仕事も億劫になり、効率が落ち、またストレスを感じる、と悪循環に陥る場合も。またインフルエンザ対策や花粉症対策で数か月し続けるマスクの摩擦のせいで肌が痛んでる事もありますね。

肌も不安定に!

新生活で不安定な状態にならないためには?

頑張りすぎない!

新生活スタートから、頑張りすぎた方に必ずやってくる5月病。

新生活で不安定だった体調と、精神的な疲れも統合されて、なってしまうのですね。真面目で頑張り屋さんだと、新しい人間関係に積極的に関わって、逆にトラブルになったり、期待に答えようと仕事に集中しすぎたり、などということもあります。新生活は飛ばし過ぎずに、ペースを守って過ごしましょう。

意識的に生活管理

新生活は生活環境の管理をしっかりしましょう。

十分な睡眠をとり、規則正しく、バランスのよい食事を摂りましょう。前述の自律神経の安定には、ビタミン、ミネラル、カルシウムなどが特に有効です。

また一日の終わりにはぬるめのお風呂につかり、リラックスしましょう。湯船につかることによって、体がしっかり温まり、お風呂から上がった後に速やかに布団に入れば、体温が徐々に下がると同時に眠気が起こりますので、心地よい眠りに導入してくれます。

リラックスにハーブティ

お風呂でリラックスするのもいいですが、ハーブティーもお勧め。

いろいろとブレンドされているものも販売されていますので、お気に入りを探すのもいいですね。例えば、不眠症に効くというカモミールや、胃腸や肝臓の不調にはペパーミント。またローズヒップには、オレンジの20倍、レモンの60倍ものビタミンCが含まれていて、肌荒れにもいいですね。

リラックスにハーブティ

コーディアルでぐっと元気に

滋養強壮によいとされる、コーディアル。

もともとはハーブをアルコールに漬けた飲み物を意味していましたが、最近では、果実エキスやハーブなどからつくる濃縮された甘いノンアルコール飲料のことを指すのが一般的で、シロップと言ってもいいでしょう。水や炭酸水で割って飲んだりします。濃い目の味もおいしくてリフレッシュするので、ハーブティーは苦手、という方には飲みやすいと人気があります。
ハーブティー同様に様々な種類があり、免疫力を高めてくれるものも。

コーディアルでぐっと元気に

飲むお酢で疲労回復

お酢には、体を弱アルカリ性にして疲労を回復してくれるだけでなく、ビタミンCを壊す酵素の働きを抑える効果もあり、女性にはうれしい飲み物。

またタンパク質の消化吸収を促進してくれるので疲れで食欲が落ちているときにも強い味方です。今は、ドリンクとして販売されているものも多くなりました。

ただし飲みすぎは体を冷やしたり、胃を傷めたりしますので、必ず規定の希釈濃度を守りましょう。

PR