妊娠うつとはどんな症状?妊娠うつはどうやったら治るの?
486views

妊娠うつとはどんな症状?妊娠うつはどうやったら治るの?

妊娠している妊婦さんは、無事出産ができるかな、赤ちゃんをどのように育てたら良いのだろうと考えて、思い悩んだり、不安になったりすることがあります。妊娠中に気分がふさぎこんでしまい、妊娠うつの症状が出る妊婦さんは、妊娠している方のおよそ1割程度にもなるのだとか。妊娠うつの症状や対策法について紹介します。

妊娠うつの症状・原因・対処法について教えて!

妊娠うつとは何か

出産後にうつ状態になる産後うつはよく聞くけれど、妊娠うつについてはあまり知らないという方が多いのではないでしょうか?

妊娠中はきちんと母親になれるのだろうかと考えたり、これからの赤ちゃんとの生活などを想像して、心配事や悩み事が増えるものです。妊婦さんの1割がかかると言われている妊娠うつの症状や原因、対処法についてみていきましょう。

女性ホルモンが関係している妊娠うつの原因

妊娠うつに関係している女性ホルモン

これまでは、妊娠中の女性は赤ちゃんを授かったという喜びや、うれしさの感情が高まるため、妊娠中にはうつ状態にならないと言われてきました。しかし、最近では、妊娠中の女性もうつ状態になるという研究結果が出ています。

妊娠をすると、身体の中でエストロゲンやプロゲステロンという2つの女性ホルモンが増加します。また、hCGという女性ホルモンも分泌されます。これらの女性ホルモンは、妊娠中の女性の身体の中で、妊娠をしていないときの何倍もの量が分泌されるのです。

この女性ホルモンの変化が、精神面での変化をもたらすことにつながると、最近の研究でわかってきました。また、妊娠をしても、女性が外で働き続ける男女共働きの家庭が増えたことで、仕事面からくるストレスもあり、妊娠うつの症状が出る妊婦さんが増えています。

こんな症状が出たら妊娠うつかも…

もしかしたら妊娠うつかもしれない…そう感じたら、下記のような症状が出ていないかをチェックしてみましょう。

□いつもイライラしている
□悲しくて涙がとまらない
□よく眠れていない
□からだがいつもだるく疲れている
□集中力がなく物事を忘れやすい
□何も食べる気が起こらない

このような症状が出て、いつも赤ちゃんのことを考えていたり、これからの生活をのことを悩んでいるようであれば、妊娠うつに掛かっている可能性が高いです。

妊娠うつの症状が長く続いてしまうと、出産後も産後うつとなって出てきてしまうため、早めに産婦人科を受診して医師に相談をするようにしましょう。

妊娠うつになりやすいのはこんな人

妊娠中にうつ病に掛かりやすいのは、普段から真面目で努力家の人だと言われています。また、一つの物事を完璧に仕上げたり、誰よりも責任感の強い人も妊娠うつになりやすいので注意が必要です。

また、妊娠前にうつ病を患っていた方は、妊娠うつに掛かりやすいため、特に気を付けなければなりません。

妊娠うつの対処法は?

妊娠うつの対処法

妊娠うつになってしまったら、妊娠期間限定のものと考えるようにして、時間が経てば解決をしてくれる!と思っておきましょう。あまり深刻に考えすぎないことが大切です。妊娠うつに対処するためには、下記のような方法があります。参考にしてみてください。

【睡眠と休憩が大切】
普段よりも睡眠時間を多くとってしっかりと身体と心を休めましょう。

【外に出かけよう】
家の中に引きこもって考え事をしていては、ますます妊娠うつ状態に陥ります。保健施設や子育て支援センターで、職員の方に妊娠中の過ごし方を相談したり、産後の赤ちゃんの育て方などを聞いてみましょう。

【悩みを相談しよう】
学生時代の友達やママ友など、自分が安心して話をすることができる友達に、今の状態を話してみましょう。妊娠うつ経験者の方に話を聞くのも良いでしょう。

PR