女性に多い股関節痛!股関節が痛いときの寝方、歩き方、お勧めの運動とは
151views

女性に多い股関節痛!股関節が痛いときの寝方、歩き方、お勧めの運動とは

股関節痛は女性に多い症状です。重大な病気の場合もありますのでまずは専門機関で診察してもらうことが肝心ですが、股関節が痛いときに自分でできる対処法はないものでしょうか。股関節が痛いときの寝方、歩き方、運動の仕方などの生活の注意点をまとめました。

女性に多い股関節痛

股関節痛は女性に多い症状です

股関節痛は女性に多い症状です。

出産をする女性は関節が浅く、特に骨盤の形が男性と大きく異なります。加えて女性は男性より筋量が小さいために股関節痛になりやすいのです。

股関節痛がひどい場合は変形性股関節症や関節リウマチなどの病気が隠れている場合があり、治療が必要となります。

痛みが激しい場合はまず整形外科などで診察をしてもらいましょう。

股関節が痛いとき、自分ではどうしたらいい?

外科手術の適応とまではいかないつらい股関節の痛みはどうしたらよいのでしょうか。

股関節が痛いときは寝るのも起きるのもつらいものです。

こで、自分でできる股関節の痛みの対処方法をご紹介します。

股関節が痛いときの寝方

股関節が痛いときにお勧めの寝相があります

股関節が痛いときは、寝るのにさえ身の置き場がなくつらいものです。股関節が痛いときにお勧めの寝相があります。

まず、股関節が痛いときには仰向けでも、うつ伏せでも脚を伸ばした寝方はおすすめできません。足を伸ばした寝方はももや腰の筋肉が引っ張られ、ますます股関節の痛みを悪化させます。

股関節が痛いときには痛む方を上にして、横向きで脚を軽く曲げて眠る方法と、仰向けで膝の下に枕を入れて膝を曲げて眠る方法がお勧めです。

バスタオルなどを巻いて細長い枕を作り、太ももに挟んだり、膝の下に入れて眠ると楽になります。

股関節が痛いときの運動

股関節痛で整形外科を訪れると、軽症の場合で特に肥満気味の方の場合は体重コントロールを勧められます。

体重が多いと股関節に負荷がかかるので正しいのですが、だからといってジョギングやウォーキングなどの運動で改善しようとするのはお勧めできません。

特に、今痛みがある場合はかえって悪化の原因になりかねませんのでなるべく歩かない方が良いくらいです。

かといって、股関節痛には筋肉を鍛えることや、体重を落とすことは有効です。お勧めの運動はストレッチや水泳です。

痛みを和らげるストレッチ

股関節痛の予防や改善には、四股踏みや開脚ストレッチ、スクワットがお勧めですが、痛いときに無理をして行なうと逆効果になります。これらはある程度痛みが治まっているときに実施しましょう。

痛いときにお勧めなストレッチを2つご紹介します。

1つめはまず仰向けに寝て、膝を曲げて立てます。両膝を右側に倒します。痛い場合は無理に地面につけなくても結構です。次は左側に両膝を倒します。これで股関節の柔軟性を取り戻すことができます。

次は床に座って胡坐のような姿勢をとり、両足の裏をぺたりと前でくっつけます。そして無理がない程度に右の膝を右の床に、左の膝を左の床に近づけます。股関節を両側に広げることができます。

体重コントロールには水泳

体重コントロールや筋力の増加には水泳がお勧めです。

体重コントロールや筋力の増加には水泳がお勧めです。水中では浮力があるため、関節に負担をかけずにカロリーを消費することができます。

股関節の機能向上にお勧めなのが、ビート板を使ってのバタ足や水中ウォーキングです。どちらも股関節を意識して、脚全体で運動を行ないましょう。

PR